たかさき環境賞

趣旨

本市の良好な環境の保全及び創造に向けて顕著な功績があった者、及び先進的な環境保全に向けた取り組みを実践した者を表彰するものです。

表彰の対象

高崎市内で活動する市民、団体又は事業者であって、環境保全・ごみ減量・環境教育・研究開発に関する活動のいずれかを積極的に行い、顕著な功績があった者(同一の活動又は功績により、過去に市長から表彰を受けている者を除く)を対象とします。

※原則として、継続性のある活動を対象とします。
※学校や地域での取り組み等も含みます。

たかさき環境賞の表彰対象となる活動について

平成30年度受賞団体

平成30年度は、以下の2団体が受賞しました。

平成30年度受賞団体一覧
団体名活動年数対象分野活動内容
鏑川白鳥を守る会 11年 環境保全 【鏑川に飛来する白鳥を守り、白鳥の住み易い環境を整える活動】
高崎市山名町を流れる鏑川の白鳥は平成14年~15年頃の数羽の飛来より年々少しずつ数を増し、現在では140羽を超える程になった。その白鳥たちの住み易い自然環境の向上を目指すと共に、鏑川に飛来した白鳥を無事にシベリアまで帰すことを目的としてこの会が結成され、現在は250人を超える会員がいる。
主な活動内容としては、鏑川の環境を守る活動として、毎年春と秋の年2回、50人ほどの会員が参加して河川敷の大規模な清掃活動を行っている。今シーズンは12月3日と3月4日の2回、共に40人ほどで清掃活動を行った。その他にも、白鳥の飛来数の確認(シーズン中は毎日)や、白鳥への給餌活動(自家栽培の米、麦等)に取り組んでいる。こういった活動は上毛新聞等のメディアにも何度も取り上げられ、注目を集めている。
独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園 5年 環境保全 【香りでつながる共生社会~障害のある人もない人も花々や木々の香り空間~】
(1)地域の人たちに障害者施設を身近なものに感じてもらうため
(2)地域の人たちに障害者に対する理解を深めてもらうため
(3)施設利用者と地域の人たちの交流を促進するため
上記事項を目的とし、「ふれあい香りガーデン」の整備等を行っている。ガーデン内には様々な木々や宿根草などが栽培されており、四季折々の木々や花々の香りを楽しむことができる。ガーデン内の整備のほとんどを職員が行っており、現在では「ふれあい彩り広場」や「ふれあい御休所」の整備等、ふれあいゾーンの更なる拡充を図っている。
上記の活動により、平成24年度「みどり香るまちづくり」企画コンテスト環境大臣賞を受賞、また平成28年2月には環境省が主催する「みどり香るまち」大賞を、「みどり香るまちづくり」コンテストの過去10年の受賞団体の中から見事受賞した。

なお、過去の受賞団体については、PDFデータをご参照ください。

たかさき環境賞受賞者(平成25年~)(PDF形式 215KB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 環境政策課
  • 電話:027-321-1251
  • ファクス:027-321-1161