一定の規模以上の土地の形質の変更をするとき

必要な届出

一定規模(3,000平方メートル)以上の土地の形質変更を行うときは、着手する日の30日前までに届出をしてください。

このたび、高崎市では『土壌汚染対策法第4条に基づく土地の形質の変更届出書作成の手引き』を更新しました。届出の対象となる行為、届出に必要な書類、届出書の記載例等が記載してありますので、届出をする際の参考にしてください。届出書及び届出書作成の手引きは、申請書ダウンロードサイトからダウンロードできます。

平成30年4月1日より、事前に土壌汚染状況調査を行い、届出書に併せて提出するができます。事前調査を行う場合は、適切な調査を行えるよう、調査の内容についてあらかじめご相談ください。

一定規模(3,000平方メートル)以上の土地の形質変更とは

  • 「土地の形質変更」とは、現況地面の掘削、盛土等を伴う工事など、土地に何らかの手を加える行為を指します。
  • 規模の把握は、予定地内での掘削、盛土等を行う面積によります。

関連情報リンク

土壌汚染対策法(環境省)

このページの担当

  • 環境政策課
  • 電話:027-321-1251
  • ファクス:027-321-1161