高崎市教育ビジョン

「高崎市教育ビジョン」改定にあたって

少子高齢化の進行、国際化や高度情報化の進展など、社会情勢の急速な変化は、教育環境にも大きな影響を与えています。子どもたちの学力の低下や規範意識の低下が議論される中、 2007年(平成19年)には、教育関連法案が改正されるとともに、2008年(平成20年)には、新しい学習指導要領も公示されました。各教育委員会におきましては、こうした様々な教育課題や状況の変化に対して、迅速かつ的確に対応していくことが求められています。

また、このような変化の激しい時代にあっては、広い視野と創造的な個性、心豊かにたくましく生きぬことができる力をもった人間の育成が必要となっています。

高崎市教育委員会では、 2001年(平成13年)に21世紀の教育行政を長期的な視野で調査・研究し、生涯にわたる教育のあり方・方向性を「教育ビジョン」として策定し、様々な教育課題に取り組んでまいりました。

しかし、新たな課題の発生や市町村合併によって、本市の教育環境も大きく変化していることなどから、このたび「教育ビジョン」の改定に取り組みました。

改定した「教育ビジョン」では、高崎市教育委員会の基本理念で掲げる教育の振興に向けて、全力で取り組む姿勢をそのままに、新たな課題に対応した施策の充実を図っています。

今後は、この「教育ビジョン」をもとに、教育の質的向上と時代の変化に柔軟に対応した教育行政を推進し、市民の皆様の信頼に応えていきたいと考えております。

最後に、「教育ビジョン」の着実な推進に向けて、市民の皆様の一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

2008年4月

高崎市教育委員会 教育長

教育ビジョン冊子表紙 発行:高崎市教育委員会 発行日:平成20年4月

もくじ

第1章

第2章

基本計画(8施策‐52詳細施策-125の取り組み)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 教育総務課
  • 電話:027-321-1291
  • ファクス:027-328-2261