国民健康保険手続き一覧

次のようなときは、必ず14日以内に届け出てください。

国民健康保険に関する手続きはマイナンバーが必要になります

平成28年1月より、国民健康保険に関する手続き全般で「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)の提示が必要となります。詳細は下記のページをご覧ください。

1月からマイナンバーの利用が始まります(通知カードで手続きの際は、他に身分証明書が必要です)

世帯主または同一世帯員以外(代理人)の場合は代理申請となり、委任状などが必要です

窓口に申請に来る方が、世帯主または同一世帯員以外(代理人)の場合は代理申請となり、委任状と代理人の身分証明書が必要です。詳細は下記のページをご覧ください。なお、保険証は郵送交付となります。

1月からマイナンバーの利用が始まります(本人以外の申請は代理申請となり、委任状などが必要です)

国保に加入するときには
こんなとき手続きに必要なもの
他の市区町村から転入したとき 転出証明書、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
職場の健康保険をやめたとき
または、扶養家族ではなくなったとき
(健康保険の)離脱証明書、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
子どもが生まれたとき 母子健康手帳、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
外国人住民で住民票が作成されたとき
(在留期間が3か月を超える等)※1
特別永住者証明書又は在留カード(外国人登録証明書)、 パスポート
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
生活保護を受けなくなったとき 生活保護廃止決定通知書、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2<
国保から脱退するときには
こんなとき手続きに必要なもの
他の市区町村へ転出するとき 保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
職場の健康保険に入ったとき
または、扶養家族になったとき
国民健康保険証、加入した職場の健康保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
死亡したとき 保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
外国人の加入資格がなくなったとき 保険証、特別永住者証明書又は在留カード(外国人登録証明書)
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
生活保護を受けるようになったとき 生活保護開始決定通知書、保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
加入,脱退以外の変更があったときには
こんなとき手続きに必要なもの
退職者医療制度に該当したとき 保険証、年金証書、印かん
高崎市内で住所が変わったとき 保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
世帯主や氏名が変わったとき 保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
世帯が分かれたときや一緒になったとき 保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
修学のため市外に転出するとき 保険証、在学証明書(又は学生証の両面コピー)、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2
保険証を紛失したり破損したとき 破損した保険証、印かん
「マイナンバーカード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2

注意

当日に保険証の交付を希望する方は、運転免許証やパスポートなど「身分を証明するもの(写真付)」をお持ちください。

※1 外国人住民については、住民票が作成されていない人でも国保に加入できる場合があります。

※2 「マイナンバーカード」についての詳細は下記のページをご覧ください。

1月からマイナンバーの利用が始まります(通知カードで手続きの際は、他に身分証明書が必要です)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保険年金課
  •  資格賦課担当
  • 電話:027-321-1235
  • ファクス:027-321-0898