国民年金からのお知らせ

国民年金保険料「5年の後納制度」が平成30年9月30日をもって終了します

「5年の後納制度」とは、保険料を納められなかった場合や届出を忘れたことで、将来の年金受給額が少なくなったり、年金そのものが受給できなくなってしまう事態を避けるため、国民年金保険料を納めることができる期間を過去2年から5年に延長するものです。

「10年の後納制度」は平成27年9月30日に終了しました。

後納制度のポイント

後納制度のメリット

2年以上前の保険料を納めることにより2つのメリットがあります。

  • 将来受け取る年金額が増額します。
  • 年金の受給資格が得られる可能性があります。

ご利用いただける方

  1. 20歳以上60歳未満の方(5年以内に納め忘れの期間や未加入期間をお持ちの方)
  2. 60歳以上65歳未満の方(1.の期間のほか任意加入中に納め忘れの期間をお持ちの方)
  3. 65歳以上の方(年金受給資格がなく任意加入中の方など)

※老齢基礎年金を受給している方はお申込みできません。

注意事項

  • 納める際は後納が可能な期間のうち、最も古い分から納めていただきます。

お申し込みについて

  • 後納制度のお申し込み先は、お近くの年金事務所で可能です。
  • 高崎年金事務所の所在地等をご確認ください。
    高崎年金事務所地図ページ
  • 電話でのお問い合わせは国民年金保険料専用ダイヤル(0570-011-050)へ。

関連情報

日本年金機構(外部リンク)

このページの担当

  • 保険年金課
  •  年金担当
  • 電話:027-321-1238
  • ファクス:027-321-0898