国民年金学生納付特例

学生で保険料納付が困難な場合、申請して承認されると、保険料納付が猶予されます。平成28年度の学生納付特例の申請は平成28年4月から受付を開始します。

平成26年4月からは、過去2年1カ月分の学生納付特例申請ができるようになりました。

対象となる人

次の条件のいずれにも該当する人

  • 大学(大学院)、短大、高等専門学校、専修学校及び各種学校その他の教育施設の一部に在学する学生等
    注意:各種学校やその他の教育施設については、個別に対象校が定められています。詳しくは年金担当までお問い合わせください。
  • 学生本人の前年の所得が118万円以下の人
    注意:学生に扶養親族等があれば、その数に応じて所得限度額に加算されます。仕事を辞めて学生になった場合などは、特例措置の対象になります。

申請に必要なもの

  • 年金手帳もしくは納付書(未交付の場合は、必要ありません)
  • 印鑑
  • 学生証(コピーの場合、有効期限の明記されているもの)、在学期間が記載されている在学証明書の原本
  • 失業等により申請する場合、指定された書類(「雇用保険受給資格者証」または「雇用保険被保険者離職票」の写し)
  • 本人以外の代理申請の場合は委任状

納付特例承認期間

申請年度の4月分から翌年3月分までです。

※過年度については、さかのぼれて申請時点から2年1カ月分までが対象になります。

納付特例を受けた期間の保険料追納について

学生納付特例期間は、老齢基礎年金を受け取るときに年金額に反映されません。そのため、猶予されてから10年以内に追納することが必要です。卒業したら忘れずに追納しましょう。

なお、追納する際には古い月から順番に納めることになります。猶予をされてから3年を超えて追納する場合には、その当時の保険料に、経過年数に応じた率を乗じた額を納めることとなります。

関連情報

日本年金機構

このページの担当

  • 保険年金課
  •  年金担当
  • 電話:027-321-1238
  • ファクス:027-321-0898