町内会の役員さんについて

環境保健委員

市は環境保健行政における市民への連絡事務を円滑に処理するため、各町内会に1名の環境保健委員を委嘱しています。環境保健委員は、高崎市環境保健協議会支部長の職にある者につき市長がこれを委嘱し、任期は各町内会の定めるところによります。委嘱事務は高崎市環境保健委員設置規則によりますが、保健衛生の向上増進(飼犬の適正な飼養管理マナーの普及向上、各種検診の受診勧奨等)及び生活環境の改善(あき地の管理不善防止への協力、ごみステーションの管理、ごみの分別指導、環境パトロール・町内清掃の実施、不法投棄防止の指導等)が主なものとなっています。

環境美化協力員

市民の公衆衛生に対する関心と清掃事業に理解を深めることを目的として、各小学校区に3名であった清掃協力員制度(昭和52年7月施行)を充実させ、昭和63年度から高崎地域の各町内会に1名の環境美化協力員を委嘱(任期1年)しています。ごみの出し方の指導、ごみステーションの清掃保持などの推進を図るとともに研修会や施設見学会を実施し、清掃事業についての意見や情報等の交換等を行うことにより、事業の円滑な運営と市民の生活環境の向上を図っています。

廃棄物減量等推進員

高崎市廃棄物の処理及び清掃に関する条例に基づき、市が行う減量化施策等について排出者への指導啓発や再生利用の促進などの協力活動を行うことを目的として、平成5年度から高崎地域の各町内会に1名の廃棄物減量等推進員を委嘱(任期2年)しています。ごみの出し方の指導、ごみステーションの清掃保持、清掃事業についての意見や情報等の交換等の他に、地域に密着したごみ減量化、地域のリサイクル活動推進のためのボランティアリーダーとしての活動も行っています。

環境美化協力員、廃棄物減量等推進員の新任研修(施設見学会)の様子

研修の様子1 研修の様子2

このページの担当

  • 一般廃棄物対策課
  •  管理担当
  • 電話:027-321-1253
  • ファクス:027-321-1161