資源物の持ち去り防止(条例改正)

平成18年4月1日から「資源物の持ち去り」は条例により出来なくなりました。

 近年、全国的に新聞紙や飲料缶などの資源物だけを持ち去る行為が増加しております。高崎市内でも、この行為は重大な問題となっています。
高崎市では今後の被害拡大を防止するために、「高崎市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」の一部を改正しました。

条例の改正内容

高崎市が指定するごみ集積所に出された、全ての資源物は高崎市に所有権があります。

これらの資源物は高崎市に所有権があります

新聞紙

ダンボール

雑誌・その他の紙

牛乳パック

ペットボトル

飲料缶

ビン類
 

高崎市または高崎市が委託した資源物収集業者以外は、資源物を収集できません。

トラックによる持ち去り禁止自転車による持ち去り禁止

 

  • 自らの利益のために、または業者に売却するために持ち去る行為は違法です。
  • 有価物集団回収に出すために資源物集積所から持ち去ることもできません。

「持ち去り行為」を見かけたら下記にご連絡ください。

  • 高崎市役所一般廃棄物対策課 電話:027-321-1253
  • 群馬支所市民福祉課 電話:027-373-1312
  • 箕郷支所市民福祉課 電話:027-371-9053
  • 榛名支所市民福祉課 電話:027-374-5114
  • 倉渕支所市民福祉課 電話:027-378-4524
  • 新町クリーンステーション 電話:0274-42-3102
  • 吉井支所市民福祉課 電話:027-387-3132
  • 吉井クリーンセンター 電話:027-387-7902
  • 高崎警察署 電話:027-328-0110

このページの担当

  • 一般廃棄物対策課
  • 電話:027-321-1253
  • ファクス:027-321-1161