体験・イベント

『ぐんま「はにわの里」夏まつり』について

かみつけの里博物館のある上毛野はにわの里公園では、8月19日(日)の午後1時から、古墳の周りで『ぐんま「はにわの里夏まつり」』の様々なイベントが催されます。博物館でも、入館料が無料になるほか、博物館ボランティアによる勾玉・ミニ円筒ハニワづくりの体験が楽しめます。イベントに伴い博物館に隣接する駐車場の利用が制限されるため、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

古代体験について

お祭りのブースで、ボランティアさんと一緒に、やわらかい滑石をけずって勾玉をつくったり、焼かない粘土を使ってミニ円筒ハニワをつくってみませんか。つくったハニワはそのまま持ち帰ることができます。

受付時間

8月19日(日)午後1時から4時まで

費用

  • 勾玉づくり200円
  • ミニ円筒ハニワづくり100円

所要時間

どちらも約1時間程度

予約

不要

駐車場について

当日は、博物館の駐車場が利用できないため、お客様には近隣の駐車場をご利用いただいています。お客様駐車場の場所は別添のチラシでご確認ください。また、午前10時から花火終了時刻まで運行される、群馬支所発着の無料シャトルバスをご利用いただくと便利です。

はにわの里夏まつりチラシ(PDF形式 1.5MB)

※夏まつりの内容につきましては、ぐんま「はにわの里」まつり実行委員会事務局(群馬支所産業課:電話027-373-2447)にお問い合わせください。

ミュージアムスタンプラリー

高崎市歴史系博物館6館では、この夏スタンプラリーを実施します。各施設を見学してスタンプをもらいましょう。3館をまわると1つ、6館まわると6つの各館オリジナルデザインバッジをプレゼントします。スタンプラリーの台紙は、市内小学校へ配布します。また、小学生以外の方にも、各館で台紙を配布しますので、ぜひご参加ください。

実施期間

平成30年7月21日(土)から8月31日(金)まで

ただし、各館ともに休館日があります。スタンプラリー台紙の裏面や、ホームページ等でご確認ください。

対象施設

  • 榛名歴史民俗資料館(榛名山町)
  • かみつけの里博物館(井出町)
  • 高崎市観音塚考古資料館(八幡町)
  • 高崎市歴史民俗資料館(上滝町)
  • 吉井郷土資料館(吉井町)
  • 多胡碑記念館(吉井町)

参加される方へ

スタンプの押印は、各館の展示を見学された方が対象です。施設により、入館・見学が有料となる場合があります。また、実施期間内でも、バッジの配布予定数に達した場合は、プレゼントを他のグッズに替えさせていただく場合があります。ご了承ください。

台紙イメージ

スタンプラリー台紙(PDF形式 3.8MB)

滑石の勾玉手作り体験

かみつけの里博物館では、年間を通じて、勾玉の手作り体験を実施しています。やわらかい滑石をやすりで削って石の勾玉を作ってみませんか?開催日は土曜日・日曜日・祝日で、受付時間は9時30分から午後3時となっています。事前予約は不要で、費用は200円です。体験を希望する方は、当日博物館の受付にお申し込みください。

また、夏休みの「わくわく古代体験」以外にも、冬休みや春休みに手作り体験がお楽しみいただけます。時期によって体験メニューが異なりますので、詳しい内容は博物館へお問い合わせください。

古代米づくり体験学習

かみつけの里博物館では、古代から行なわれてきた「赤米・黒米づくり」を、平成30年度も上郊小学校の総合学習の一環として実施します。

古代米の様子9月

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • かみつけの里博物館
  • 電話:027-373-8880
  • ファクス:027-373-8822