常設展「観音塚古墳の世界」

常設展では、観音塚古墳の石室から出土した30種類、約300点の副葬品を順に展示しています。副葬品は、国の重要文化財の指定を受けており、銅の鏡や銅の碗、金や銀で飾られた武器類や馬具類、鉄製の利器、工具類など、当時の工芸技術の水準の高さがうかがえるものばかりです。

常設展示場

今会期中の展示品 平成27年12月12日~平成28年4月21日

  • 銀装鶏冠頭大刀(観音塚古墳・国重文)
  • 挂甲小札(観音塚古墳・国重文)
  • 浅鉢(高崎情報団地2遺跡・市重文)
  • 金製垂飾付耳飾(剣崎長瀞西遺跡・市重文)、他。

休館日

毎週月曜日(祝日の場合開館)、祝日の翌日

入館料

  • 大人 100円
  • 高・大学生 80円
  • 中学生以下、65歳以上の方 無料
  • 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付き添いの方1名は無料です。

問い合わせ

高崎市観音塚考古資料館
電話:027-343-2256

このページの担当

  • 観音塚考古資料館
  • 電話:027-343-2256
  • ファクス:027-343-2279