医療費の一部払い戻し

手続きは市役所1階10番窓口又は各支所担当課にて受付します。

受付日時は平日午前8時30分~午後5時15分までです。
診療等を受けた日の属する月の翌月から(療養費は被保険者が医療機関へ支払った日の翌日から)起算して2年で時効となります。

後期高齢者医療

一覧
申請一覧必要書類備考欄
高額療養費
一部負担金が外来限度額(個人ごと)及び外来・入院をあわせた限度額(世帯ごと)を超えたとき
・保険証
・印かん
・預金通帳
・通知文
・「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※1
該当の方には群馬県後期高齢者医療広域連合より通知が出ますので、通知が出ましたら申請をしてください。
療養費
被保険者証を持たずに治療を受けたとき
・保険証
・印かん
・領収書
・預金通帳
・診療報酬明細書
・「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※1
診療報酬明細書は、診療を受けた医療機関の証明になります。
療養費
医師が必要と認めたコルセットなどの治療用装具代
・保険証
・印かん
・領収書
・預金通帳
・医師の意見書
・「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※1
-
移送費
病気や怪我などで 移動が困難な人が、医師の指示により入院・転院した場合、移送に要した費用が、審査で認められた場合支給されます。
・保険証
・印かん
・領収書
・預金通帳
・医師の意見書
・「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※1
-
葬祭費
後期高齢者医療被保険者が死亡された時、葬儀を行う方に支給されます。
・保険証
・印かん(喪主の方)
・預金通帳(喪主の方)
・喪主の身分を証明するもの(運転免許証等)
※代理人の場合は、代理人の身分証もお持ちください。
・葬祭を行う人の確認ができるもの(葬儀の領収書、会葬礼状等)
支給額は5万円です。

※1「個人番号カード」についての詳細はマイナンバーの利用についてのページをご覧ください。

マイナンバーの利用について

このページの先頭へ戻る

高齢者医療

注意:申請は領収書を月ごとにまとめて、診療の翌月以降にお願いします。

高崎市国民健康保険に加入している方
外来 市内の医療機関等で診療を受けたとき 手続きはありませんが、1か月の医療費が高額になった場合は市より通知しますので、通知が届きましたら来庁してください。
市外の医療機関等で診療を受けたとき 必要書類
・保険証
・医療受給者証
・印かん
・領収書
・預金通帳
健康保険証を医療機関の窓口に提出し、保険負担分をお支払いください。
後日市で手続きをしますと受給者証に記載されている負担になります。
入院 市内の医療機関等に入院したとき 手続きはありませんが、1か月の医療費が高額になった場合は市より通知しますので、通知が届きましたら来庁してください。
市外の医療機関等に入院したとき 必要書類
・保険証
・医療受給者証
・印かん
・領収書
・預金通帳
健康保険証を医療機関の窓口に提出し、保険負担分をお支払いください。
後日市で手続きをしますと受給者証に記載されている負担になります。
社会保険に加入の方
外来 市内の医療機関等で診療を受けたとき 手続きはありませんが、1か月の医療費が高額になった場合は市より通知しますので、通知が届きましたら来庁してください。
市外の医療機関等で診療を受けたとき 必要書類
・保険証
・医療受給者証
・印かん
・領収書
・預金通帳
健康保険証を医療機関の窓口に提出し、保険負担分をお支払いください。
後日市で手続きをしますと受給者証に記載されている負担になります。
入院 医療機関等に入院したとき 必要書類
・保険証
・医療受給者証
・印かん
・領収書
・預金通帳
健康保険から高額療養費が支給になる場合は、高額療養費の支給後に申請してください。
詳しくは市役所保険年金課医療給付担当にお問い合わせください。

※加入保険に関わらず、加入保険からの高額療養費に該当する場合は受付ができない場合があります。

1か月の医療費が高額になった場合

負担金が下記の外来限度額及び外来・入院をあわせた限度額を超えたとき

一覧
窓口での負担割合外来限度額外来・入院をあわせた限度額
2割、1割(特例措置) 8,000円 24,600円

健康保険から高額療養費が支給になる場合

同じ月内に、同じ医療機関で医療費の3割(70歳以上の方は2割)が次の限度額を超えた場合

68・69歳の方
区分3回目まで4回目以降
252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
57,600円 44,400円
35,400円 24,600円
70歳以上の方
区分外来(個人)外来+入院 又は入院のみ(世帯)
現役並み所得者 57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(4回目以降の場合44,400円)
一般所得者 14,000円
(年間144,000円)
57,600円
(4回目以降の場合44,400円)
低所得者2 8,000円 24,600円
低所得者1 15,000円

このページの先頭へ戻る

福祉医療

注意:申請は領収書を月ごとにまとめて、診療の翌月以降にお願いします。

一覧
 必要書類備考欄
県外で診療を受けたとき ・保険証
・医療受給者証
・印かん
・領収書
・預金通帳
・支給決定通知書(※)
限度額適用認定証(交付を受けている場合)
左記書類を持参して市役所10番窓口又は各支所担当課へ申請してください。
県内の診療で高額医療費に該当のとき
健康保険証及び受給者証を持たずに治療を受けたとき ・保険証
・医療受給者証
・印かん
・領収書
・診療報酬明細書
・預金通帳
・ 支給決定通知書(※)
国民健康保険加入者以外の方は、左記書類を持参して市役所10番窓口又は各支所担当課へ申請してください。
国民健康保険加入者は、市役所8番窓口又は各支所担当課へ申請してください。
医師が必要と認めたコルセットや治療用眼鏡などの治療用装具代 ・保険証
・医療受給者証
・印かん
・領収書
・医師の意見または指示の分かる証明書
・預金通帳
・ 支給決定通知書(※)

※支給決定通知書は、保険証の発行者へ上記理由で申請をすると7割から9割が支給され、その支給の決定をお知らせするものです。なお、不支給の決定がされた場合、不支給決定通知書となりますので、ご注意ください。

詳しくは担当までお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る

このページの担当

  • 保険年金課
  •  医療給付担当
  • 電話:027-321-1237
  • ファクス:027-321-0898