後期高齢者医療について

後期高齢者医療

後期高齢者医療に関する手続きはマイナンバーが必要になります

 平成28年1月より、後期高齢者医療に関する手続き全般で「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)の提示が必要となります。詳細は下記のページをご覧ください。

1月からマイナンバーの利用が始まりました(通知カードで手続きの際は、他に身分証明書が必要です)

対象となる方

75歳以上の方、65歳以上75歳未満であって別に定める障害のある方

医療機関での自己負担割合

医療費の1割又は3割(現役並み所得者)
(差額ベッド代等は別途負担となります。) 

保険証の交付を受けるのに必要なもの 

保険証の交付を受けるのに必要なもの※
75歳になるとき お誕生日前に郵送で交付します。
他の市区町村から転入したとき

・保険証(県内から転入の場合)
・印かん
・負担区分証明書

・「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2

65歳以上75歳未満であって、別に定める障害の認定を受けたとき

・保険証
・印かん
・障害を証明する書類

・「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※2

別に定める障害の認定を受ける方が、65歳になったとき ・市より通知を出しますので、内容をご確認下さい。
生活保護を受けなくなったとき ・印かん
・生活保護廃止を証明するもの

※交付には原則として免許証等による本人確認が必要です。また代理人の方が申請をする場合は、代理人の免許証等、印かん、委任状(誓約書)が必要です。

※2「個人番号カード」についての詳細は下記のページをご覧ください。

1月からマイナンバーの利用が始まりました(通知カードで手続きの際は、他に身分証明書が必要です)

診療を受ける場合

保険証を医療機関の窓口に提出して下さい。

後から費用が支給される場合

医師が必要と認めた補装具代や、やむを得ず保険証を持たずに医療機関にかかったときなどは、申請し認められると一部負担金を除いた額が後から支給されます。

医療費の一部払い戻し

市役所への届出

住所が変わった時などは届出が必要です。

こんな時に届出を

保険料

後期高齢者医療制度では、被保険者一人ひとりが保険料を納めることになります。
保険料の計算方法などの賦課に関しては群馬県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧下さい。
また納入方法などの徴収に関しては保険料の納付方法についてをご覧下さい。 

後期高齢者医療の障害を証明する書類と障害の程度

一覧
身体障害者手帳 1級・2級・3級及び4級の一部
療育手帳

A判定

障害年金証書 1級・2級
県認定 障害年金1級または2級程度の障害認定
精神障害者保健福祉手帳 1級・2級

 限度額適用・標準負担額減額認定証

対象となる方

住民税非課税世帯

認定証をうけるのに必要なもの

  1. 保険証
  2. 印かん
  3. 「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)
  4. 代理人の身分を証明するもの(写真付)
  5. 委任状(誓約書)
  6. 代理人の印かん

  ※4~6は、代理人の方が申請をする場合にのみ必要になります

診療を受ける場合

保険証及び認定証を医療機関の窓口に提出して下さい。  

特定疾病療養受療証

月の医療費の自己負担額は、入院及び外来ともに1万円までになります。

対象となる方

  • 慢性腎不全の方
  • 血友病の方
  • 後天性免疫不全症候群の方

受療証をうけるのに必要なもの

  1. 保険証
  2. 印かん
  3. 医師の意見書又は証明書類
  4. 「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)
  5. 代理人の身分を証明するもの(写真付)
  6. 委任状(誓約書)
  7. 代理人の印かん
    ※5~7は、代理人の方が申請をする場合にのみ必要になります

診療を受ける場合

保険証及び認定証を医療機関の窓口に提出して下さい。 

後期高齢者医療広域連合と市町村の役割分担について

広域連合※

被保険者証の交付、療養の給付、保険料の賦課

※詳しくは群馬県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧下さい。

市町村

各種届出等の窓口業務

保険料の徴収

被保険者証の更新

後期高齢者医療制度被保険者証は、毎年7月31日で有効期限が切れます。8月以降の被保険者証は、7月中に発送します。

限度額適用・標準負担額減額認定証の更新

後期高齢者医療制度の限度額適用・標準負担額減額認定証の有効期限は、毎年7月31日までとなっています。8月以降引き続き該当になる人には郵送します。なお、8月1日以降に申請をした場合は、申請をした月の1日からの適用となります。

人間ドック検診

市内にお住いの後期高齢者医療加入者の人間ドック検診に対し、検診料の一部を助成します。

市役所保険年金課又は各支所市民福祉課へお申し込みください。

※注:人間ドック受診後の申請は助成対象にはなりません。

※注:検診内容が重複するため後期高齢者健診を受診した方は、人間ドックの助成対象にはなりません。

対象となる方

市内にお住いの群馬県後期高齢者医療の被保険者

※後期高齢者医療保険料を滞納していないこと

助成額

一人あたり20,000円

申込期間

平成28年5月20日(金)から平成28年12月末まで(土・日曜日、祝日を除く)

持参するもの

後期高齢者医療被保険者証(代理人の場合は、代理人の身分証明書も必要)

様式

保養施設利用助成

市内にお住いの後期高齢者医療加入者が指定保養施設に宿泊される場合、宿泊費の一部を助成します。

下記の指定保養施設にご予約のうえ、市役所保険年金課又は各支所市民福祉課へお申し込みください。

対象となる方

市内にお住いの群馬県後期高齢者医療の被保険者

※後期高齢者医療保険料を滞納していないこと

指定保養施設

  • 榛名湖温泉「レークサイドゆうすげ」
  • 榛名湖温泉「ゆうすげ元湯」
  • 奥川浦・四季の湯「はまゆう山荘」
  • 相間川温泉「ふれあい館」
  • 国民宿舎「裏妙義」
  • 「牛伏ドリームセンター」

助成金額

1泊 2,000円(4月から翌3月で年1泊に限る)

持参するもの

後期高齢者医療被保険者証(代理人の場合は、代理人の身分証明書も必要)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保険年金課
  •  医療給付担当
  • 電話:027-321-1237
  • ファクス:027-321-0898