福祉医療

制度の概要

医療機関を受診した際に、保険診療の自己負担分と入院時食事療養費の標準負担額を高崎市が助成する(無料になる)制度です。

重度心身障害者の所得基準導入について

令和5年8月1日から、一定の所得がある方には医療費の負担をお願いすることになりました。

別紙の基準額を上回る方については、福祉医療制度の助成対象外となります。

(別紙)重度心身障害者福祉医療の所得基準について(PDF形式 358KB)

対象者

下記に該当する方で、申請し登録を受けた方が対象になります。

医療の助成額

保険診療の自己負担分と入院時食事療養費の一部負担金(重度心身障害者医療資格の場合、条件があります。)

なお、以下のような費用は助成対象外となりますのでご注意ください。

  • 私費(差額ベッド代、薬の容器代、文書料など)
  • 保険外費用(健康診断代、予防接種代など)
  • 選定療養費(紹介状なしで大規模な病院等を受診した際の費用など)
  • 健康保険や他公費から支給される費用(高額療養費や附加給付など)
  • 災害共済給付金として支給される費用

上記はあくまで一例です。詳しくは担当までお問い合わせください。

診療を受ける場合

県内のとき

保険証と受給者証を医療機関の窓口にて提出してください。

県外のとき

保険証を医療機関の窓口に提出し、保険診療の自己負担分をお支払いください。
後日、市で手続きをしますと県内のときと同じ負担になります。

詳しくは「医療費の一部払い戻し」をご覧ください。

市役所への届出

住所が変わった時などは市役所への届出が必要です。

詳しくは「こんな時に届出を」をご覧ください。

福祉医療制度をご利用される方へのお願い

適正受診へのご協力について

福祉医療制度は、皆様の税金によって成り立っております。

この制度が将来にわたって継続できるように、はしご受診・重複受診を控える、急病などでやむを得ない場合以外は夜間・休日の受診を避けるなど、適正受診へのご協力をお願いいたします。

※はしご受診・重複受診とは、同じ病気でいくつもの医療機関を受診することです。

他の公費負担医療制度の利用について

福祉医療制度では、当制度以外の公費負担医療制度を利用できる場合には、そちらを優先して利用していただいております。

他の公費負担医療制度と併用することで、福祉医療制度にかかる経費が節減され、安定的な運営につながります。ご理解とご協力をお願いいたします。

※他の公費負担医療制度の一例

  • 自立支援医療
  • 特定疾患
  • 小児慢性特定疾病
  • 日本スポーツ振興センター災害共済給付など

限度額適用認定証の提示について

福祉医療費受給資格者の方でも医療費が高額になる場合、お支払いが発生することがあります。

お支払い分はご加入中の健康保険組合等に申請することで高額療養費として支給されますが、残額がある場合は市役所へ申請することで福祉医療費として支給させていただきます。

(詳しくは「医療費の一部払い戻し」をご覧ください。)

ただし、事前にご加入中の健康保険組合等から「限度額適用認定証」の交付を受け医療機関等に提示することにより、お支払いをする必要がなくなり、前述の手続も不要となります。そのため、医療費が高額になることが想定される場合は、加入されている健康保険組合等に申請し、「限度額適用認定証」の交付を受けてください。詳しい手続き等につきましてはご加入されている健康保険組合等にご確認をお願いいたします。

子ども医療

対象となる方

中学校3年生まで(15歳到達後最初の3月31日まで)の子ども

受給者証をうけるのに必要なもの

  1. 子どもの保険証
  2. 福祉医療交付状況証明書(県内から転入される方の場合)
  3. 「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※1
  4. 同意書(被保険者が別世帯の場合)※2
  5. 委任状(別世帯の代理人が申請する場合)※3

※1 マイナンバーの利用について(通知カードで手続きの際は、他に身分証明書が必要です)

※2 同意書(ワード形式 33KB)

※3 委任状(福祉)(ワード形式 30KB)

小児救急電話相談のご案内

電話番号:♯(シャープ)8000

群馬県は、夜間や休日におけるお子様の病気への対処方法や、応急処置などを電話で相談できる「群馬こども救急相談」を実施しています。

お子様の急な発熱、おう吐、腹痛などで医療機関を受診すべきか迷った時など、お気軽にお電話ください。(医療行為となる診断や治療を行うものではありません。)

このページの先頭へ戻る

ひとり親家庭等医療

対象となる方

ひとり親家庭で19歳未満(18歳到達後最初の3月31日まで)の児童とその扶養者

受給者証をうけるのに必要なもの

  1. 保険証
  2. ひとり親家庭等の証明書(下表1参照)
  3. 子を扶養する方の所得税額の分かる書類
  4. 福祉医療交付状況証明書(県内から転入される方の場合)
  5. 「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※1
  6. 同意書(被保険者が別世帯の場合)※2
  7. 委任状(別世帯の代理人が申請する場合)※3

※1 マイナンバーの利用について(通知カードで手続きの際は、他に身分証明書が必要です)

※2 同意書(ワード形式 33KB)

※3 委任状(福祉)(ワード形式 30KB)

ひとり親家庭等の証明書

表1
配偶者と死別または離婚した方 戸籍謄本(親子とも高崎市に本籍がある場合は不要)
配偶者が生死不明の方 警察署等の証明書
配偶者から遺棄されている方 福祉事務所等の証明書
配偶者が海外にあるためその扶養を受けることができない方 官公署または民生児童委員の証明書
配偶者が精神または身体の障害により長期にわたって労働能力を失っている方 医師の診断書
配偶者が法令により長期にわたって拘禁されているためその扶養を受けられない方 刑務所、拘置所等の証明書
父母のいない児童 父母のいないことを明らかにすることができる書類

その他の書類が必要となる場合がありますので、詳しくは担当までお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る

重度心身障害者医療

対象となる方

別に定める障害のある方(下表2参照)

令和5年8月1日から所得基準が導入されます

これまでは、所得に関わらず下表2に定める障害のある方を助成対象としていましたが、公平性の確保や制度を将来にわたって安定的に運営していくために、一定の所得がある世帯の方には、医療費の負担をお願いすることになりました。

別紙の基準額を上回る方については、令和5年8月1日から福祉医療制度の助成対象外となります。

  • 所得の確認対象・・・受給資格者本人及び同一世帯の配偶者・扶養義務者
    ※扶養義務者とは、受給資格者と同一世帯の直系血族及び兄弟姉妹における最多所得者です。
  • 対象となる所得・・・給与所得、譲渡所得、不動産所得、雑所得(年金)等
    ※障害年金、遺族年金などの非課税所得は対象外です。
  • 所得の判定により対象外となる期間について
    毎年、所得の判定を行い、基準額を上回る場合は、その年の8月1日から翌年7月31日までは助成対象となりません。

(別紙)重度心身障害者福祉医療の所得基準について(PDF形式 358KB)

(参照)群馬県ホームページ「重度心身障害者医療費助成に関する制度改正について

入院時食事療養標準負担額の助成を受けるための条件

ご加入中の健康保険組合等から発行される減額認定証を医療機関等の窓口にて提示することが必要です。

減額認定証の交付要件や手続きについては、ご加入中の健康保険組合等にお尋ねください。

受給者証をうけるのに必要なもの

  1. 保険証
  2. 障害の程度を証明する書類(下表2参照)
  3. 福祉医療交付状況証明書(県内から転入される方の場合)
  4. 「個人番号カード」(もしくは「通知カード」と「身分を証明するもの」)※1
  5. 同意書(被保険者が別世帯の場合)※2 
  6. 委任状(別世帯の代理人が申請する場合)※3

※1 マイナンバーの利用について(通知カードで手続きの際は、他に身分証明書が必要です)

※2 同意書(ワード形式 33KB)

※3 委任状(福祉)(ワード形式 30KB)

福祉医療の障害の程度を証明する書類と障害の程度

表2
身体障害者手帳 1級・2級
療育手帳 A判定
特別児童扶養手当証書 1級
障害年金証書 1級
県認定調書(※) 障害年金1級程度の障害認定

※障害年金1級程度の障害状態にあるものの、特定の理由により、障害年金を受給できない場合に県が障害状態を審査・認定する制度です。

詳しくは担当までお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保険年金課
  •  医療給付担当
  • 電話:027-321-1237
  • ファクス:027-321-0898