石綿(アスベスト)廃棄物の取扱いについて

石綿(アスベスト)は天然鉱物の一種で、耐久性、耐熱性、耐薬品性、耐熱性などに優れていることから、昔は特に建築資材として多く利用されてきました。 しかし、飛散したアスベストの粉じんを吸入すると肺ガンや中皮腫等の健康被害を発生させる恐れがあるため、現在では原則製造が禁止されており、また廃棄物となった石綿は適正に処理することが法で義務付けられています。

石綿建材除去事業により廃石綿を排出する場合

建築物等の解体に伴って石綿建材除去事業(※)を行う事業場又は大気汚染防止法第2条第11項に規定する特定紛じん発生施設が設置されている事業場を設置する事業者は、当該事業場ごとに、特別管理産業廃棄物管理責任者を置くことが義務付けられております。(廃棄物処理法第12条の2第8項)

特別管理産業廃棄物管理責任者設置・変更報告書(申請書ダウンロードサイトを新しいウインドウで表示)

石綿建材除去事業

石綿建材除去事業とは、建築物その他の工作物に用いられる材料であって石綿を吹き付けられ、又は含むものの除去を行う事業をいいます。(大気汚染防止法第2条第12項でいう特定建築材料を除去する事業(特定粉じん排出等作業)も同じ。)

石綿建材除去事業により除去された石綿建材は、「廃石綿等」になります。

石綿含有成形板等除去事業

石綿含有成形板等除去事業とは、工作物から石綿含有成形板や石綿含有ビニル床タイル等を除去する事業をいいます。石綿含有成形板等除去事業により除去された石綿含有成形板等は、「石綿含有産業廃棄物」になります。
石綿含有産業廃棄物を排出する事業所については、特別管理産業廃棄物管理責任者の設置は不要ですが、廃棄物処理法で別途処理基準が定められていますので、取扱いは「廃石綿」と同様に注意が必要です。

廃石綿等や石綿含有産業廃棄物の処理

廃石綿等及び石綿含有産業廃棄物の処理や取扱については、下記をご参照ください。

【参考】

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 産業廃棄物対策課
  • 電話:027-321-1325