特定健康診査等実施計画

高齢者の医療の確保に関する法律第19条及び特定健康診査等基本指針に基づき、高崎市特定健康診査等実施計画(第3期)を策定しました。

計画策定の目的

本計画は、糖尿病などの生活習慣病のもととなる内臓脂肪症候群の該当者やその予備群を減らすことを目的として実施している特定健康診査・特定保健指導について、その実施率や具体的な実施方法を定めるものであり、対象者は国民健康保険に加入している40~74歳の人となります。

本市では、これまで第1期・第2期計画を策定し、特定健康診査・特定保健指導に取り組んできましたが、第2期計画が終了年度を迎えたため、これまでの実施状況や評価を踏まえ、本計画を策定しました。

本計画に基づき、引き続き生活習慣病予防や特定健康診査・特定保健指導の実施率の向上に向けた取り組みを進めていきます。

計画期間

平成30年度(2018年度)から平成35年度(2023年度)までの6年間

計画書

高崎市特定健康診査等実施計画(第3期)(PDF形式 830KB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保険年金課
  •  国保担当
  • 電話:027-321-1236
  • ファクス:027-321-0898