森林の伐採届

森林は土砂災害の防止や水源のかん養など、多面的機能を有しています。これらの機能を十分に発揮させるために森林を適正に管理することや、無秩序な森林開発を防止することが求められています。そのため、森林を伐採する際には森林法第十条の八もしくは同法第十五条の規定に基づき市町村長へ届出をすることが義務付けられています。

届出が必要な人

森林法第五条に規定された地域森林計画(群馬県作成)の対象森林を伐採する人が届け出てください。なお、森林所有者と伐採をする人、伐採後の造林をする人が異なる場合は、連名での届出か届出人への委任状を添付してください。また、地域森林計画の対象森林となっているのか分からない場合は、事前に農林課林業担当までお問い合わせください。

伐採方法について

  • 間伐:樹木の成長を促すことを目的として、樹木の一部を間引くこと
  • 主伐:山林の更新を目的として、樹木を伐採すること
    (主伐には、一度に全部を伐採する「皆伐」と特定の樹木だけを伐採する「択伐」があります。)
  • 除伐:育成しようとする樹木以外の不用木を取り除くこと

上記のうち、「間伐」と「主伐」を行う場合に森林の伐採届が必要となり、「除伐」を行う際は必要ありません。また、1ヘクタール以下の開発(森林伐採後に森林以外の用途に転用)をする場合にも「主伐」と同様の届出が必要となります。

届出期限

伐採する30日前~90日前まで
(森林経営計画に基づく伐採の場合は、伐採後30日以内)

注意事項

保安林を伐採する場合や1ヘクタール超の開発をする場合は、県の許可が必要となります。詳細は下記の西部環境森林事務所までお問い合わせください。なお、県の許可を得た場合、市への届出は不要となります。

西部環境森林事務所(群馬県ホームページ)

〒370-0805
高崎市台町4-3(高崎合同庁舎2階)
電話027-323-4021

森林の状況報告書

平成29年4月から「主伐」を行う旨の森林の伐採届を提出した場合、伐採後または造林後に「森林の状況報告書」の提出が必要となりました。森林を伐採後、造林を行う場合は「造林完了後30日以内」に報告書を提出してください。森林を伐採後、森林以外に転用する場合は「伐採完了後30日以内」に報告書を提出してください。

書式・記載例

このページの担当

  • 農林課
  • 電話:027-321-1317
  • ファクス:027-323-3224