高崎市自立支援協議会

私たち高崎市自立支援協議会は、障害をお持ちの方の悩みを、一緒に解決してまいります。

  • 福祉サービスを利用したいのだけど、どうすればいいの?
  • うちの子、言葉の覚えが遅いのかしら?
  • ひとりで外出するのに不安があるのだけれど・・・
  • 「不安なことがあり眠れない・・・」「他人の視線が気になる・・・」このようなことはありませんか?
  • 将来は一般企業に就労したいのだけれど、どんな準備をすればいいの?
  • ひとりで生活してみたいけど、アパートを借りられるかな・・・
  • その他、自立したいのだけれど、何か障害があって動き出せないでいる・・・
  • そんなあなたの、大切なだれかの、声を聞かせてください。

自立支援協議会とは

平成18年4月、ノーマライゼーションの理念に基づき、障害をお持ちの方が普通に暮らせる地域づくりを目指して障害者自立支援法が施行されました。 この障害者自立支援法は、これまでの障害の種類ごとに異なる法律に基づいて提供されてきた福祉サービスなどを共通の制度の下で一元的に提供する仕組みを創設しました。また、障害をお持ちの方がその有する能力や適性に応じて自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、地域の実情に応じた柔軟な事業体系(地域生活支援事業)により事業を効率的、効果的に実施することとなっています。

高崎市自立支援協議会は、平成19年4月に設立し、この地域生活支援事業にある相談支援事業をはじめとする、障害をお持ちの方が抱える様々なニーズを吸い上げ地域の障害福祉に関するシステムづくりの構築、発展を目指すための中核的な役割を果たす協議の場となります。

平成23年4月に高崎市が設置した「こども発達支援センター」は、本協議会で提出された「高崎市発達障害児支援センター構想」が基になっています。

現在も以下の様々な部会により活発な活動を行っています。

高崎市自立支援協議会の協議プロセスの図自立支援協議会の機能と目的の図

構成委員

自立支援協議会は、市内の保健・医療・教育関係者、福祉サービス事業者、行政等、様々な方の参画により協議が行われています。

平成27年度高崎市自立支援協議会委員名簿

相談窓口

地域の障害者の暮らしを応援するため、高崎市の委託を受けた専門資格を持った相談員が相談を受けつけています。

相談窓口一覧

高崎社会福祉通信「つながるーぷ」 

自立支援協議会が発行する情報紙です。

障害福祉サービス関連情報、関係各所で開催されるイベントのお知らせ、 障害支援事業者が日々の相談で感じたことなどを紹介しています。

高崎社会福祉通信「つながるーぷ」 

リンク集

リンク集

このページの担当

  • 障害福祉課
  • 電話:027-321-1245
  • ファクス:027-326-8876