特定課題会議

発達障害支援部会(休止中)

児童期と成人期のワーキンググループに分かれて課題把握などを行い、その対応策としての提案を自立支援協議会の全体会で行いました。
その提案から更に協議を重ね、平成23年度に「こども発達支援センター」の設置につながりました。

地域生活移行支援部会

居住ワーキンググループ

障害があっても「住み慣れた地域で自分らしい生活を!」を念頭に置き、入所施設などから地域での受け皿について協議を進めています。

居宅介護事業所連携ワーキンググループ

障害者が地域生活を営む上で最も関わりがある居宅介護事業所と、相談支援事業所、行政の連携を更に深めるために設置されました。    

就労支援部会

さまざまな機関が協力して「障害者雇用のよりよいサポート」について協議を行いました。

具体的な取り組みとしては、商工会議所と連携したシンポジウムの開催や企業からの聞き取りを元に作成した障害者雇用促進パンフレットの配布などを行いました。

今後は、自立支援協議会の部会としてではなく市内の就労支援機関との連携、相互理解を目的とした「就労支援ネットワーク」の整備の必要性について検討します。

障害者虐待防止対策検討部会

障害者虐待の未然防止のために、虐待対応や実態調査の検討を行い、啓発活動や研修などの企画に取り組んでいます。障害者虐待防止対策協議会や障害者虐待防止センターとも連携し、活動しています。

平成28年度障害者虐待防止対策 アンケート結果(PDF形式 188KB)

障害者差別解消部会

障害者差別に関する相談への対応や、障害のある方が差別を受けることなく社会において生活できるよう、制度の周知等に取り組んでいます。

障害者差別解消法について

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 障害福祉課
  • 電話:027-321-1245
  • ファクス:027-326-8876