ジパング展―沸騰する日本の現代アート

ジパング展―沸騰する日本の現代アート(2013年)

ジパング展は、「日本の現代アートの魅力を世界に向けて発信するとともに、国内でもその魅力を再認識してほしい」というメッセージを込めて企画されました。この展覧会では、日本の伝統芸術のDNAを受け継ぎながら、新しい表現の地平を切り拓いてきた気鋭の作家たちの絵画や立体、映像などの作品約35点を紹介します。

今から約700年前、マルコ・ポーロが日本を「黄金の国ジパング」と呼んでヨーロッパに伝えた時代には、“ジパング”という名は魅力と驚きのシンボルとして光輝いていました。現代の日本から発信される作品群も、見る人を熱く昂ぶらせる「ジパングのアートの力」に満ちています。日本発信の現代アートの魅力に浸ってみてはいかがでしょうか。

会期

2013年4月7日(日)~2013年6月16日(日)

開館時間

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

休館日

毎週月曜日、および祝日の翌日
4月29日(月・祝)と5月6日(月・祝)は開館、5月7日(火)は休館します。
会期中の休館日: 4月8日・15日・22日、5月7日・13日・20日・27日、6月3日・10日

観覧料

一般 500(400)円 大高生300(250)円

  • ( )内は20名以上の団体割引料金
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

主催

高崎市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

後援

上毛新聞社、 NHK前橋放送局、群馬テレビ、J:COM群馬、エフエム群馬、ラジオ高崎

協賛

ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網

企画協力

ミヅマアートギャラリー、イムラアートギャラリー

関連事業

  • 山口晃(画家)講演会
  • 町田久美(画家)ギャラリー・トーク

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126