講習会情報

技法講習会

「往復はがき」でお申し込みください。

「往信」面の裏面には、講習会名・郵便番号・住所・氏名・電話番号を、「返信」面の表面には、自分の住所・氏名・電話番号を記入し当園まで。

締め切り日は当園必着です。はがき1枚に1人の応募でお願いします。応募者多数の場合は抽選します。定員に満たない場合は、先着順で講習会開催日の前日まで電話で申し込みをお受けします。

〒370-0865 高崎市寺尾町2302-11 高崎市染料植物園 (電話:027-328-6808)

「藍染・ろう染 土曜コース」

筆やチャンチンなどを使ったろう描きの技法で藍ろう染の基礎を学び、麻リネン布(45×150センチ)を染める初心者向けのコースです。

  • 開催日:10月1・15・29日(各土曜日) 3回コース
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自用意)
  • 費用:8,000円
  • 定員:20人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:9月6日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:関 礼子さん

「草木染・絹の絣糸を染める」

手くくり絣の技法で絹糸(約45グラム)を染めます。染料は五倍子(ごばいし)を使い、鉄媒染をして紫味の灰色を染めます。

  • 開催日:9月9日(金)
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自用意)
  • 費用:3,000円
  • 定員:20人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:8月9日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:岡田 教子さん

「草木染・ろう染」

ろうで絵柄を描く手法を使った草木染で絹のストール(53×170cm)を染め、秋の色とデザインを楽しみます。

  • 開催日:9月3日、10日、17日、24日 各土曜日 4回コース
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自用意。土曜日は休憩室で食事処も営業しています)
  • 費用:10,500円
  • 定員:20人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:8月9日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:吉村 晴子さん

「藍染・ろう染 木曜コース」

筆やチャンチンなどを使ったろう描きの技法で藍ろう染の基礎を学び、綿ストール(45×180cm)を染める初心者向けのコースです。

  • 開催日:9月1日、15日、29日 各木曜日 3回コース
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自で用意してください。)
  • 費用:7,500円
  • 定員:20人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:8月9日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:関 礼子さん

特別講習会

「往復はがき」でお申し込みください。

「往信」面の裏面には、講習会名・郵便番号・住所・氏名・電話番号を、「返信」面の表面には、自分の住所・氏名・電話番号を記入し当園まで。

締め切り日に当園必着です。はがき1枚に1人の応募でお願いします。応募者多数の場合は抽選します。定員に満たない場合は、先着順で講習会開催日の前日まで電話で申し込みをお受けします。

〒370-0865 高崎市寺尾町2302-11 高崎市染料植物園 (電話:027-328-6808)

「ブルガリアの天然染色」

草木染の糸と羊毛布で羊飼いのかばん「トルピチュカ」(小さなポシェット)を作り、ブルガリアの文化に親しみます。

  • 開催日:10月2日(日)
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自で用意してください)
  • 費用:4,500円
  • 定員:20人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:9月13日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:佐藤 千香子さん

「草木染・柿渋で染める」

終了しました。

古くから天然の塗料として使われてきた柿渋を使って、絹のストール(55×180センチ)を染めます。

柿渋で染めたストールの写真
柿渋で染めたストール

  • 開催日:9月18日(日)
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自で用意してください)
  • 費用:5,500円
  • 定員:18人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:8月30日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:山崎和樹 さん

企画展関連事業

「往復はがき」でお申し込みください。

「往信」面の裏面には、講習会名・郵便番号・住所・氏名・電話番号を、「返信」面の表面には、自分の住所・氏名・電話番号を記入し当園まで。

締め切り日は当園必着です。はがき1枚に1人の応募でお願いします。応募者多数の場合は抽選します。定員に満たない場合は、先着順で講習会開催日の前日まで電話で申し込みをお受けします。

〒370-0865 高崎市寺尾町2302-11 高崎市染料植物園 (電話:027-328-6808)

「草木染・似紫を染める」

江戸時代、ムラサキの根で染めた「本紫」に対し、それに似せて蘇芳などで染めた紫色は「似紫(にせむらさき)」と呼ばれました。絹の袱紗(ふくさ)(45×45cm)を似紫で染めます。

  • 開催日:10月16日(日)
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自で用意してください)
  • 費用:6,000円
  • 定員:18人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:9月27日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:山崎和樹さん

「藍の印染」

幟(のぼり)や旗、半纏(はんてん)、暖簾(のれん)、手拭いなどに文字や屋号、家紋などを染め抜く「印染(しるしぞめ)」という言葉は江戸時代から盛んに使われはじめたといわれています。

木綿布に文字や文様を糊で筒引きして藍染し、江戸時代から続く文化に親しみます。

  • 開催日:10月23日(日)
  • 時間:午前10時~午後3時(昼食は各自で用意してください)
  • 費用:5,000円
  • 定員:16人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:10月4日(火)必着。往復はがきで申し込みください。
  • 講師:丑丸 浩さん

草木染ワークショップ

「往復はがき」でお申し込みください。

「往信」面の裏面には、講習会名・郵便番号・住所・氏名・電話番号を、「返信」面の表面には、自分の住所・氏名・電話番号を記入し当園まで。

締め切り日は当園必着です。はがき1枚に1人の応募でお願いします。応募者多数の場合は抽選します。定員に満たない場合は、先着順で講習会開催日の前日まで電話で申し込みをお受けします。

〒370-0865 高崎市寺尾町2302-11 高崎市染料植物園 (電話:027-328-6808)

「はじめての草木染」

終了しました。

初心者を対象に草木染の基礎を学び、ストールやTシャツなどを染めます。

園内の植物を使って、絹や木綿などの素材の違いによる染まり方の違いや、媒染による色の変化などを試験布で見ながらスカーフやTシャツを染めます。

初めての草木染の写真

  • 開催日:8月5日・19日、9月2日・16日(各金曜日 全4回)
  • 時間:午前10時~午後3時30分
  • 費用:9,000円
  • 定員:10人(定員を超えたときは抽選します)
  • 応募期間:7月12日(火)必着。往復ハガキに講習会名、住所、氏名、電話番号のほか、Tシャツのサイズ(男女兼用S・M・L・XL)を明記し染料植物園へ。

染めてみようシリーズ

「往復はがき」でお申し込みください。

「往信」面の裏面には、講習会名・郵便番号・住所・氏名・電話番号を、「返信」面の表面には、自分の住所・氏名・電話番号を記入し当園まで。

締め切り日は当園必着です。はがき1枚に1人の応募でお願いします。応募者多数の場合は抽選します。定員に満たない場合は、先着順で講習会開催日の前日まで電話で申し込みをお受けします。

〒370-0865 高崎市寺尾町2302-11 高崎市染料植物園 (電話:027-328-6808)

「草木染体験 産着を染める」

終了しました。

産着(50~60cm、3~6kg用の肌着)を防虫殺菌作用があるといわれる「ウコン」で染めます。その後、古くから子どもを守るといわれてきた「背守り」を施します。

産着の写真

  • 開催日:8月27日(土)
  • 時間:午前10時~午後3時
  • 費用:2,500円
  • 定員:12人(定員を超えたときは抽選します)
  • 用意するもの:エプロン、裁縫道具、昼食(土曜日は休憩室で食事処も営業しています)
  • 応募期間:8月2日(火)必着。往復ハガキに講習会名、住所、氏名、電話番号を明記し染料植物園へ。

子どもワークショップ

おじいちゃんおばあちゃんに草木染の巾着袋を染めよう

簡単な絞りをして草木染で巾着袋を染め、敬老の日のプレゼントを作ります。

  • 開催日:9月4日(日)
  • 時間:午前9時30分~12時30分
  • 定員:20人(定員になり次第締め切ります)
  • 対象:小学1年生~中学生
  • 費用:700円
  • 用意するもの:エプロン、ビニール袋、汚れてもよい服装で参加
  • 申し込み方法:8月6日(土)より(電話:027-328-6808)で申し込みを受け付けます。

夏休み親子藍染教室

終了しました。

親子で一緒にペアのTシャツを藍で染めます。藍染を体験して染める楽しさを知ってほしいと思います。

夏休み親子藍染の写真

  • 開催日:7月31日(日)
  • 時間:午前10時~午後3時
  • 定員:8組16人(定員になり次第締め切ります)
  • 対象:小中学生とその保護者を2人1組として申し込む
  • 費用:1組6,000円
  • 用意するもの:エプロン、ビニール袋、お弁当(日曜日は食事処「屋根屋」の営業があります)
    汚れてもよい服装で参加
  • 申し込み方法:6月25日(土)より(電話:027-328-6808)で申し込みを受け付けます。 

里山たんけん

行こう!里山たんけん ~紅葉の観音山を歩く~

募集定員に達しました。

飯野幹雄さんを講師に、秋の葉っぱ、草の実や木の実、それを食べる生き物や里山の姿の変化などを観ます。子ども連れでの参加大歓迎です。

里山探検の様子

昨年の秋の里山たんけん

  • 開催日:10月30日(日)
  • 時間:午前10時~正午(午前10時までに染色工芸館前に集合)
  • 費用:無料
  • 対象:子ども~大人
  • 定員:30人(定員になり次第締め切ります)
  • 申し込み:9月24日(土)より(電話:027-328-6808)で申し込みを受け付けます。

 自然観察会

葉の形をくらべよう

終了しました。

里見哲夫さん、神宮開さん(ぐんま自然観察指導員会)を講師に、植物のミニ講座ともに園内で植物や葉の観察を行います。

  • 開催日:7月16日(土) 小雨実施
  • 時間:午前9時30分~11時30分
  • 集合場所:染料植物園 駐車場
  • 費用:無料
  • 対象:子ども~大人
  • 定員:30人(定員になり次第締め切ります。)
  • 申し込み:6月11日(土)から電話で受け付けます。
  • 持ってくるもの:筆記用具・雨具・歩きやすい服装・ルーペ(持っている方)

染色体験

詳しくは、染色体験ページをご覧ください。

染色体験

このページの担当

  • 染料植物園
  • 電話:027-328-6808
  • ファクス:027-328-6818