オレンジリボンキャンペーン(11月は児童虐待防止推進月間です)

「もしかして」 あなたが救う 小さな手

毎年11月は、国が推進する児童虐待防止推進月間です。児童への虐待を防止するため、この期間中は、全国各地で様々な取組みが行われます。         

オレンジリボン

オレンジリボンには、「子どもに対する虐待を防止する」というメッセージが込められており、この運動のシンボルマークになっています。

オレンジリボン

高崎市オレンジリボンキャンペーン

高崎市では、児童虐待の未然防止とその早期発見を促進し、この運動のシンボルマークであるオレンジリボンを広めるため、下記のとおりキャンペーンを行います。         

実施期間

毎年11月1日~11月30日

実施内容

  • 高崎駅から本庁舎前に啓発オレンジリボンモチーフライトを設置します。
  • 本庁舎と支所にPRブースを設置します。
  • 本庁舎と支所にて懸垂幕、横断幕やのぼり旗を掲出し、 活動啓発ティッシュ及びマスク、チラシ等を配布します。

あなたにできること・・・

  • 自分の子育てを振り返ってみてください
  • 子育てに悩んでいるようなら、一人で抱え込まず相談をしてください
  • 虐待を受け苦しんでいる子どもたちは、がまんしないで打ち明けてください
  • 周りで虐待と思われる事実を知ったときは、児童相談所や市の相談窓口に連絡してください
  • 虐待を受けた子ども達の自立を支援する輪に協力してください

こんなことが児童虐待・・・

身体的虐待

殴る、蹴る、激しく揺さぶる、首を絞める、溺れさせる、異物を飲ませる、拘束する、タバコや熱湯でやけどを負わせる、家の外に閉め出す、意図的に病気にさせる など

性的虐待

性的暴行を加える、性的行為を強要する、性器や性交を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト(育児放棄など)

食事を与えない、衣類や住居が極端に不適切(不潔)、自動車の中に長時間放置する、学校に登校させない、病院に連れて行かない、保護者以外の同居人による虐待を放置する など

心理的虐待

言葉で脅す、無視、他のきょうだいと極端に差別した扱いをする、子どもの目の前で家族の誰かに暴力を振るう など

相談・虐待通告窓口

相談、または虐待を見かけたという方からのご連絡は下記までお願いします。

注意

  • 虐待と思われる事実を知ったときは連絡(通告)をしてください。匿名でも可能です。
  • 連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。

高崎市こども家庭課:027-321-1318(24時間対応)
倉渕支所市民福祉課:027-378-4525
箕郷支所市民福祉課:027-371-9055
群馬支所市民福祉課:027-373-2381
新町支所市民福祉課:0274-42-1238
榛名支所市民福祉課:027-374-5112
吉井支所市民福祉課:027-387-3133
群馬県西部児童相談所:027-322-2498

189番画像189番へ 

平成27年7月1日より、児童相談所全国共通ダイヤルが3桁の番号になりました。

虐待かもと思ったら189(いちはやく)番へ。(24時間対応)お近くの児童相談所につながります。

相談窓口(こども家庭課家庭相談担当)へ

このページの担当

  • こども家庭課
  • 電話:027-321-1247
  • ファクス:027-324-1849