社会を明るくする運動に関すること

  1. 第67回高崎市社会を明るくする運動
  2. 高崎市における活動
  3. 高崎市社会を明るくする運動推進委員会

1.第67回高崎市社会を明るくする運動

法務省主唱の”社会を明るくする運動”が、7月1日からの一か月を強調月間として、全国いっせいに展開されます。この運動は、すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築こうとするものです。高崎市においても、本市にふさわしい創意工夫のもとでこの運動を推進します。

今年は運動の行動目標を

(1)犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう

(2)犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう

重点事項を

「出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと」

「帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと」

「薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を作ること」

「犯罪をした高齢者・障害者等が、社会復帰に必要な支援を受けられる環境を作ること」

とし、種々の行事等が実施されますので、市民のみなさんに進んでご参加いただき、犯罪や非行のない地域社会づくりにそれぞれの立場においてご協力をお願いいたします。

このページの先頭に戻る

2.高崎市における活動

高崎市における”社会を明るくする運動”の企画と実施に当たるため、「高崎市社会を明るくする運動推進委員会」が組織されています。

活動予定

  • 第67回高崎市社会を明るくする運動市民大会
    日時:平成29年7月7日(金) 午後2時から
    会場:シティギャラリー・コアホール及び市役所周辺(パレード)
    内容:
    ・大会宣言
    ・大会記念講演会
     演題:「矯正教育と社会復帰支援の現状~再非行防止に向けた新たな展開~」
     講師:赤城少年院 院長 青栁 秀直 氏
    ・街頭宣伝・パレード
  • 作文コンテスト
  • ミニ集会、住民集会、講演会の開催
  • 矯正施設への慰問
  • パトロール、街頭補導の実施、覚せい剤等の薬物乱用防止運動の推進

市民大会の様子

このページの先頭に戻る

3.高崎市社会を明るくする運動推進委員会

高崎市社会を明るくする運動推進委員会は、以下の関係機関・団体で構成組織されています。

  • 高崎市
  • 高崎市区長会
  • 高崎警察署
  • 高崎保護区保護司会
  • 高崎地区更生保護女性会
  • 高崎警察署少年補導員連絡会
  • 高崎市地区青少年問題連絡協議会
  • 高崎市青少年育成推進員連絡協議会
  • 高崎市青少年補導員協議会
  • 高崎市子ども会育成団体連絡協議会
  • 高崎市防犯協会
  • 高崎市地区婦人会連合会
  • 高崎市社会福祉協議会
  • 高崎市民生委員児童委員協議会
  • 高崎市環境保健協議会
  • 高崎市ボランティアグループ連絡協議会
  • 高崎市小学校長会
  • 高崎市中学校長会
  • 高崎市PTA連合会
  • 高崎市中学校区健全育成推進委員会連絡協議会
  • 高崎保護区BBS会

このページの先頭に戻る

このページの担当

  • 社会福祉課
  •  地域福祉担当
  • 電話:027-321-1243