日本赤十字社

赤十字のマーク
~赤十字の基本原則~
人道,公平,中立,独立,奉仕,単一,世界性

  1. 日本赤十字社の主な活動
  2. 会員と活動資金
  3. 日本赤十字社群馬県支部高崎市地区について

1.日本赤十字社の主な活動

国際活動

海外での戦争や災害の被災者を救援する赤十字のネットワーク

災害救援活動

災害現場での医療救護や救援物資の配布

医療事業

災害などに備えて医師、看護婦を訓練し、地域医療に貢献

看護師等の養成

救護や医療にあたる看護師などを養成

血液事業

献血は、あなたからの温かい贈りものです

救急法・家庭看護法等の講習

健康で安全な生活を講習で身につけよう

赤十字ボランティア

赤十字を支えるボランティア、たすけあう心

青少年赤十字

学校での赤十字活動を通じて赤十字の心を学ぶ

社会福祉事業

おとしよりや障害をもつ人たちとともに生きる

このページの先頭に戻る

2.会員と活動資金

日本赤十字社の活動は、赤十字の理念に賛同して登録された会員から寄せられる「活動資金」と広く一般から寄せられる「寄付金」が財源となっています。
「赤十字会員」は、日本赤十字社の組織的基盤であり、赤十字運動を推進していくための大きな原動力になっています。

赤十字会員になるには

個人・法人を問わず、どなたでも赤十字会員(会員・協力会員の総称)になることができます。

  • 毎年継続的に2,000円以上の拠出をいただく方を「会員」と呼びます。
    (基準を満たした場合は表彰対象となります。)
  • 単年度扱いで500円以上を目安に日赤の活動をご支援いただく個人・法人を「協力会員」と呼びます。

5月は赤十字運動月間

5月1日は、日本赤十字社の創立記念日です。 そこで毎年5月から1ヵ月間を”赤十字運動月間”として、赤十字の考え方や活動をご理解いただくキャンペーンを展開しています。
皆さまも、赤十字活動をご理解のうえ、赤十字活動を支える赤十字会員の1人としてご協力ください。

表彰制度と税制上の優遇措置

日本赤十字社に事業資金を拠出された方には、有功章などをお贈りする表彰制度があります。 また、同じくこれらの方には、一定の要件を満たすことにより、税制上の優遇措置が受けられることになっています。

このページの先頭に戻る

3.日本赤十字社群馬県支部高崎市地区について

高崎市地区の組織構成と活動資金募集や活動について

高崎市地区の機構

  • <地区長>高崎市長
  • <副地区長>副市長
  • <参与>福祉部長
  • <事務局>福祉部社会福祉課地域福祉担当
  • 高崎市地区選出評議員(6名)

活動資金の募集

毎年5月1日から1ヵ月間の赤十字運動月間で、町内会や赤十字ボランティア(奉仕団員)の協力のもと、赤十字会員の新規加入と活動資金のお願いのため、各家庭や事業所を訪問いたします。

血液事業

医療に要する血液の供給を、献血により確保する体制を確立し、血液事業と市民医療の正常な発展を期するため、広く市民に献血思想の啓発をしています。

「はじめてみませんか。ボランティアの第一歩 みんなのために、私ができること、献血」

献血の基準

献血できる年齢

16歳から69歳まで(制限あり)

体重

  • 男性:45キログラム以上
  • 女性:40キログラム以上
  • 注意:全血献血400ミリリットルは、男女とも50キログラム以上

献血の種類

成分献血(血漿・血小板) 全血献血(200ミリリットル・400ミリリットル)

献血場所

群馬県内に、3ヵ所あります。
高崎市内の方は、『高崎駅献血ルーム Harmony』へお越しください。
高崎市赤十字奉仕団員が毎月1回、献血ルームでお手伝いをしています。

このページの先頭に戻る

関連情報リンク

このページの担当

  • 社会福祉課
  •  地域福祉担当
  • 電話:027-321-1243