市の附属機関(審議会等)への女性委員登用

男女共同参画社会基本法において、「政策等の立案及び決定への共同参画」が基本理念の一つに掲げられています。
平等で心豊かな社会を目指すことを目的とする男女共同参画社会を実現するには、方針決定の場へ男女の視点が平等に反映されなければなりません。
高崎市第3次男女共同参画計画(計画期間:平成25年度~29年度)においても、基本方針の一つに「社会の責任ある立場への女性の参画」を掲げ、市の附属機関等における女性委員の登用を積極的に推進しています。

女性委員登用の年度別実績(平成22年度~26年度)
年度附属機関等の数委員数女性委員の割合%

女性委員30%以上の機関

女性委員30%未満の機関休止機関
総数女性委員数

22

92 1,497 413 27.6 26 51 15
23 102 1,533 410 26.7 24 61 17
24 114 1,736 447 25.7 29 69 16
25 123 1,714 482 28.1 39 65 19
26 124 1,659 480 28.9 41 61 22

登用の実績としては平成26年度末の実数で、全124(うち22機関は休止中)の附属機関等の委員総数1,659人のうち、女性委員は480人で、全体に占める割合は28.9%です。
高崎市は、市の審議会等への女性委員登用30%を目標に女性委員の登用推進に努めています。

このページの担当

  • 人権男女共同参画課
  •  男女共同参画担当
  • 電話:027-321-1228
  • ファクス:027-326-3873