高崎市中小企業等機械設備導入支援助成金

高崎市は、リース契約により機械設備などの償却資産を導入する際の費用の一部を助成します。

助成対象者

次の各号のいずれにも該当するもの

  1. 市内に有する事業所等において、事業を営む法人及び個人
    ただし、風俗営業、公序良俗に反するものは、対象から除きます。
    ※事業所等とは、事業の必要から設けられた人的及び物的設備であって、そこで継続して事業が行われる場所をいいます。
    ※事業とは、物の生産、流通、販売サービスの提供など全ての経済活動をいいます。
  2. 高崎市税等に未納のないこと

助成対象事業

平成24年4月1日から平成29年12月31日までの間に、リース会社とリース契約により助成対象となる償却資産を導入した場合を対象とします。
※助成対象償却資産とは、減価償却資産の耐用年数等に関する省令で定める別表第一「機械設備及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表」中の「車両及び運搬具」及び別表第二「機械及び装置の耐用年数表」に属する物件です。
※コピー機やファクス、パソコンなどの一般事務機器、家具や電化製品などの什器・備品、自家用自動車(2・3・5ナンバー、8ナンバーの一部)や軽自動車、二輪車は対象外とします。また、再リース、2次リース等による中古の償却資産についても対象から除きます。

自動車の考え方(軽自動車・二輪車は助成対象外)

  • 事業用:「緑地に白文字」ナンバープレート全て助成対象となります。
  • 自家用:「白地に緑文字」ナンバープレートは原則対象外 但し、1・4・8(一部)・9・0ナンバーは助成対象となります。

※詳しくは、商工振興課(電話:027-321-1256)へご相談下さい。

対象となるリース契約

  • 平成24年4月1日から平成29年12月31日までの間にリース開始となる契約であること。
  • リース期間中の途中解約又は解除が原則できない契約であること。
  • 所有権がリース先に移転しないリース契約であること。
  • 購入選択権付リース契約でないこと。
  • リース期間が減価償却資産の耐用年数等に関する省令で定める耐用年数の70%以上(10年以上は60%以上)の契約であること。
  • リース料支払い期間中において1年間に4回以上の均等分割払いとなっている契約であること。
  • 親会社、子会社、関連会社又はこれに準ずるものの契約でないこと。

助成金額

助成対象経費

リース契約時の物件価格(消費税を除く)とし、助成対象経費は2億円以下です。
ただし、残存価格設定等がされている場合は、その額を引いた額とします。   

算出方法

次の算定方法で得た額
助成対象経費×2.2%以内×リース日数÷365日

1事業者1年につき500万円を限度額とします。

交付期間

リース開始日から5年以内

申請期限

平成29年度申請受付分/平成30年1月31日まで(平成29年1月1日~12月31日までにリースを開始)

事前相談

助成の交付対象となるか、商工振興課へ事前相談をお願いします。

その際はお手数ですが「チェックシート(兼)ファクス送信票」にご記入いただき商工振興課へ送信してください。

(ファクス:027-325-4879)

チェックシート(兼)ファクス送信票(申請書ダウンロードサイトを新しいウインドウで表示)

申請から交付までの流れ

申請から交付までのフロー

このページの担当

  • 商工振興課
  •  工業振興担当
  • 電話:027-321-1256
  • ファクス:027-325-4879