高崎市ぐんま新技術・新製品開発推進補助金(市町村・県パートナーシップ支援型)のご案内

事業概要

市内中小企業者が新技術・新製品を開発するために必要な原材料費、機械装置費、外注加工費、調査研究委託費、知財出願費などの経費の一部を群馬県と連携して補助します。

詳細については、下記の募集案内及びチラシをご覧ください。

補助対象

高崎市内に主たる事業所を有する中小企業者

中小企業者が自ら行う「ものづくり」に係る新技術・新製品の開発のうち、具体的な技術的課題が明確で、新規性があり、事業化と市場性が見込まれるもの。
ものづくりに係る生産・加工方法の高度化、新工法等の技術開発、機械・装置の開発、材料等の利用技術の開発、新製品の開発などが対象となります。
『主な補助対象外事業』以下の事業は、補助対象となりません。
1.技術開発課題の解決方法そのものの全部又は大部分を、外注又は委託する場合
2.企画・開発の内容が、既に他において完成されたものと同一とみなされる場合や、既存技術・製品の軽微な改良である場合
3.申請者自身の企画・開発とみなされない場合や、第三者から発注を受けて企画・開発を行う場合
4.開発段階を終えて、スケールアップ又は量産化段階に達している場合
5.機械・器具等の購入(設備投資)を主な目的とした申請とみなされる場合
6.全部又は大部分がソフトウェアの開発である場合
7.同一又は類似の事業について、国、県、市町村、特殊法人等が助成する他の助成制度(補助金、委託費等)と重複する事業
8.公序良俗に反する事業

また、過去に本補助金の交付を受けた企業で、事業実施年度終了後2年間、報告義務のある「企業化状況報告書」を提出していない企業は申請できません。

審査

申請書類に基づく書面審査(高崎市・県・産業技術センター)及び現地調査(高崎市と県で共同実施)により、新規性・市場性・事業化可能性等の観点から審査を行い、事業の採択/不採択について決定し、審査結果は6月下旬頃に申請者あてに文書で通知します。

補助額

補助額=事業費(補助対象経費)-企業負担額20万円

但し、補助限度額は80万円で、これを超える分は企業負担となります。

申請方法

申請期間内(令和2年4月1日(水)から5月11日(月)午後5時まで)に、所定の申請書(高崎市長宛て・群馬県知事宛て)に必要事項を記入の上、高崎市産業創造館に提出してください。

※高崎市と群馬県では様式が異なりますのでご注意ください。

なお、群馬県知事宛ての申請書等は群馬県のホームページからもダウンロードできます。

令和元年度採択企業

一覧
企業名開発テーマ
株式会社ソファード 医療用分注装置における複数容量の分注技術の開発
株式会社市川食品 こんにゃくを活用した車いすクッション用除圧パットの開発
吉田製麺 群馬県産小麦・こんにゃく粉による生パスタとパスタスナックの新商品開発
有限会社山﨑製作所 広告付き包装済み高級おしぼりの提供に寄与するインテリア家具風の紙おしぼりサーバーの開発
株式会社シミズプレス チタン材における丸棒から角棒への塑性加工技術の開発
株式会社モハラテクニカ IoTを活用した捕獲通報システムの開発

(以上6社 順不同)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 産業政策課
  •  産業創造館
  • 電話:027-320-2808
  • ファクス:027-346-2140