エイズ・性感染症・ウイルス性肝炎の相談と検査について

エイズ・性感染症の相談と検査について

エイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)とは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスに感染して起こる疾患です。
感染しても多くの場合自覚症状がないため、自分でも知らないうちに他人に感染させてしまうことがあります。
感染の有無は血液検査でしかわかりません。保健所では無料・匿名での相談や検査を行っています。詳しくは、電話でお問い合わせください。

相談

エイズ、性感染症についての相談は、平日の午前8時30分から午後5時15分まで随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。
(プライバシーは守られますのでご安心ください。)

相談窓口

保健予防課 感染症対策担当(電話:027-381-6112)

検査

日程(令和3年度)

火曜日午前中(完全予約制)

日程表
10月 5日 12日 19日 26日
11月 2日 9日 16日 30日
12月 7日 14日 21日
1月 11日 18日 25日
2月 1日 8日 15日
3月 1日 8日 15日

*新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、流行状況によって検査が中止となる場合があります。

場所

高崎市総合保健センター

検査内容

HIV抗原抗体検査(エイズの検査)
他に梅毒、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、B型肝炎・C型肝炎検査が同時に実施できます。

※性器クラミジア感染症、淋菌感染症の検査は、尿検査で行います。

※検査実施前に検温や健康状態等の確認をさせていただきます。

費用

無料

結果

HIV抗原抗体検査については、当日、約1時間~1時間30分後に結果をお知らせいたします。 ただし、検査の性質上、確認検査(より詳細な検査)が必要になった場合及びHIV抗原抗体検査以外の検査を行った場合には、1週間後以降に再度来所していただき結果をお知らせいたします。

注意事項

感染初期に検査を受けた場合、正しい結果が得られません。感染の可能性があった日から3か月過ぎてからお受けください。

当日の流れは電話での検査予約をご覧ください。
検査当日の流れ(PDF形式 405KB)

予約

平日の午前8時30分から午後5時15分まで
保健予防課 感染症対策担当(電話:027-381-6112)

詳細は電話での検査予約をご覧ください。
電話での検査予約(PDF形式 320KB)

ウイルス性肝炎の相談と検査について

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して肝臓の細胞が壊れていく病気です。この病気になると、徐々に肝臓の機能が失われていき、ついには肝硬変や肝がんに至ることもあります。B型・C型肝炎ウイルスは血液から感染します。B型・C型肝炎ウイルスの患者・感染者は、合わせて300万人を超していると推定され、国内最大級の感染症とも言われています。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、自覚症状のないまま病気が進行してしまいます。そうなる前に、ウイルス検査を受けましょう。

肝炎ウイルスに感染していても、適切な健康管理・治療で悪化を防ぐことが可能です。

相談

ウイルス性肝炎についての相談は、平日の午前8時30分から午後5時15分まで随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。
(プライバシーは守られますのでご安心ください。)

検査

対象者

市内に居住する方でいずれにも該当しない方

日程

火曜日午前中(完全予約制)

エイズ・性感染症の検査と同じ日程になります。

*新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、流行状況によって検査が中止となる場合があります。

場所

高崎市総合保健センター

検査内容

B型肝炎・C型肝炎検査(採血)

※検査実施前に検温や健康状態等の確認をさせていただきます。

費用

無料

結果

1週間後に再度来所していただき結果をお知らせいたします。

注意事項

感染初期に検査を受けた場合、正しい結果が得られません。感染の可能性があった日から3か月過ぎてからお受けください。

HIV検査は匿名で行っていますが、ウイルス性肝炎検査のみの検査では身分を証明するもの(健康保険被保険者証、自動車運転免許証、パスポートなど)が必要です。

予約

平日の午前8時30分から午後5時15分まで
保健予防課 感染症対策担当(電話:027-381-6112)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保健予防課
  • 電話:027-381-6112