三種混合(DPT:ジフテリア・百日せき・破傷風)

三種混合について

ジフテリア

ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。1981年に現在使用されている三種混合ワクチンが導入され、現在では患者発生数は年間0〜1人程度です。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状がないため、その人を通じて感染することもあります。感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱・のどの痛み・犬吠様のせき・嘔吐などで、偽膜を形成して窒息死することがあります。発病2〜3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺をおこすことがあるため、注意が必要です。

百日せき

百日せき菌の飛沫感染で起こります。1948年から百日せきワクチンの接種がはじまって以来、患者数は減少してきています。最近、長引くせきを特徴とする思春期、成人の百日せきがみられ、乳幼児への感染へと移行し、重症化する例がありますので注意しましょう。百日せきは、普通のかぜのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔をまっ赤にして連続してせき込むようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ないことがほとんどです。乳幼児はせきで呼吸ができず、唇が青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起きることがあります。また、肺炎や脳症などの重い合併症を起こすこともあり、乳児の場合では命を落とすこともあるので注意が必要です。

破傷風

破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、菌が出す毒素によって筋肉のけいれんなどが起きます。最初は口が開かなくなるなどの症状が出て、やがて全身のけいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に至ることもある病気です。気づかない程度の軽い刺し傷が原因となることもあります。土の中に菌がいるので、感染する機会は常にあるので、ワクチンで予防することが大切です。

三種混合(DPT)ワクチンと副反応について

1981年に百日せきワクチンが改良されて以来、日本の三種混合ワクチンは副反応の少ないワクチンになっています。主な副反応は、注射部位の発赤・腫れ・しこりなどの局所反応が報告されています。また、頻度や程度などは差がみられます。高熱は通常みられませんが、まれに体温37.5℃以上の熱が出たという報告もあります。接種後に気分が悪くなったり、腫れが目立つ時などは早めに医師に相談してください。

もしもワクチンによる健康被害が起こってしまった場合は

予防接種健康被害救済制度

対象者

生後3か月から90か月(7歳6か月)至るまで

標準的な接種期間

  • 1期初回(3回):生後3か月に達した時から生後12か月に達するまでの期間
  • 1期追加(1回):1期初回接種(3回)終了後12か月に達した時から18か月(1歳6か月)に達するまでの期間

接種に必要なもの

  • 予診票
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 医療受給者資格者証

※母子健康手帳は必ずご持参ください。母子手帳がないと予防接種は受けられません。

実施医療機関

乳幼児予防接種実施医療機関一覧

実施医療機関以外(市外・県外)での接種を希望される場合は、下記までお問い合わせください。

ご不明な点や、接種をご希望される方は、実施医療機関または高崎市保健所保健予防課・各地域の保健センターにご相談ください。

関連情報リンク

このページの担当

  • 保健予防課
  • 電話:027-381-6112