四種混合(DPT-IPV:ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

四種混合ワクチンについて

平成24年11月1日より、定期接種として導入されました。四種混合ワクチンとは、それまで使われていた三種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風)に不活化ポリオワクチンを追加したものです。四種混合ワクチンが定期接種化したことにより順次切り替えが進められ、現在では原則四種混合ワクチンを使用することになっています。

ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオは、その数が少なくなってきたとはいえ、いずれも重症な合併症や日常生活に支障をきたすような後遺症を残したり、死に至ることもある病気です。

ジフテリア

ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。1981年に三種混合ワクチンが導入されてから、近年では国内の患者発生数は年間0人が続いていますが、海外からジフテリア菌が持ち込まれる危険性もあることから今後も一定レベルの免疫の維持が必要です。また、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状が出ない保菌者となるため、その人を通じて感染することもあります。感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱・のどの痛み・犬吠様のせき・嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2〜3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるため、注意が必要です。

百日せき

百日せき菌の飛沫感染で起こります。1950年から百日せきワクチンの接種がはじまって以来、患者数は減少してきていますが、最近、長引くせきを特徴とする思春期、成人の百日せきがみられ、乳幼児への感染源となり、特に新生児・乳児が重症化することがあるので注意が必要です。

百日せきは、普通のかぜのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔をまっ赤にして連続してせき込むようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ないことがほとんどです。乳幼児はせきで呼吸ができず、唇が青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起きるあるいは突然呼吸が止まってしまうことがあります。また、肺炎や脳症などの重い合併症を起こしやすく、新生児や乳児では命を落とすこともあります。

破傷風

破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、菌の出す毒素によって筋肉の強直性けいれんが起きます。最初は口が開かなくなるなどの症状が出て、やがて全身の強直性けいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に至ることもある病気です。患者の半数は、本人や周りの人が気付かない程度の軽い刺し傷が原因です。土の中に菌がいるため感染する機会は常にあるので、ワクチンで予防することが大切です。

ポリオ(急性灰白髄炎)

ポリオは「小児まひ」とも呼ばれ、日本でも1960年代までは流行を繰り返していました。予防接種の効果により国内では1980年を最後に野生株ポリオウイルスによる麻痺患者の発生はなくなり、2000年にはWHOが日本を含む西太平洋地域のポリオ根絶を宣言しました。現在ではポリオ流行国はパキスタン、アフガニスタンの2か国までになりましたが、2016年にはナイジェリアでポリオ発生があり、依然世界中で警戒されています。

口から入ったポリオウイルスは咽頭や小腸で増え、便中に排泄されます。再びヒトの口に入り免疫を持っていない人の腸内で増え、ヒトからヒトへ感染します。ポリオウイルスに感染しても、ほとんどの場合は症状が出ませんが、症状が出る場合かぜ様の症状があり、発熱や頭痛・吐き気などが現れます。また、ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染が広まり約1000~2000人に1人の割合で手足の麻痺を起こします。麻痺症状が進行し、呼吸困難により死亡することもあります。

ワクチンの副反応について

主な副反応として、接種部位が赤くなったり、腫れたり、しこりができたりすることがあります。発熱がみられることもあります。また、極めてまれにアナフィラキシー様症状や脳症、けいれん等の症状がでることがあります。症状がひどい場合や長引くような時は、早めに医師にご相談ください。

もしもワクチンによって健康被害がおこってしまった場合は

予防接種健康被害救済制度

対象者

生後3か月から90か月(7歳6か月)に至るまで

標準的な接種期間

  • 1期初回接種:生後3か月から生後12か月に達するまでの期間
  • 1期追加接種:1期初回接種終了後12か月から18か月に達するまでの期間

※原則として、三種混合ワクチンも不活化ポリオワクチンも1回も接種したことがない人が対象となります。

接種方法

四種混合ワクチンの接種回数は、合計4回(初回接種3回、追加接種1回)です。

  • 1期初回接種:それぞれ20日以上あけて3回皮下注射(標準的な接種間隔:20~56日)
  • 1期追加接種:1期初回接種終了後6か月以上の間隔をおいて1回皮下注射(標準的な接種間隔:1期初回3回目接種終了後、12か月以上18か月未満)

接種に必要な物

  • 予診票
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 福祉医療費受給資格者証

※母子健康手帳は必ずご持参ください。母子健康手帳がないと、予防接種は受けられません。

実施医療機関

乳幼児予防接種実施医療機関一覧

実施医療機関以外(市外・県外)での接種を希望される場合は、下記までお問い合わせください。

予防接種のご予約・ご相談は、直接実施医療機関にお問い合わせください。ご不明な点は、高崎市保健所保健予防課または各地域の保健センターにお尋ねください。

このページの担当

  • 保健予防課
  • 電話:027-381-6112