四種混合ワクチン

平成24年11月1日より四種混合ワクチンが定期接種として導入されました。

四種混合ワクチンについて

四種混合ワクチンとは、三種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風)に不活化ポリオワクチンを追加したものです。

ワクチンの副反応について

主な副反応として、接種部位が赤くなったり、腫れたりすることがあります。発熱がみられることもあります。また、極めてまれにアナフィラキシー様症状や脳症、けいれん等の症状がでることがあります。症状がひどい場合や長引くような時は、早めに医師にご相談ください。

もしもワクチンによって健康被害がおこってしまった場合

予防接種健康被害救済制度

対象者

生後3か月から90か月(7歳6か月)に至るまで

標準的な接種期間

  • 1期初回接種:生後3か月から生後12か月に達するまでの期間
  • 1期追加接種:1期初回接種終了後12か月から18か月に達するまでの期間

※原則として、三種混合ワクチンも不活化ポリオワクチンも1回も接種したことがない人が対象となります。

接種方法

四種混合ワクチンの接種回数は、合計4回(初回接種3回、追加接種1回)です。

  • 1期初回接種:3〜8週間隔で3回皮下注射
  • 1期追加接種:1期初回接種終了後6か月以上の間隔を置いて1回皮下注射

接種に必要な物

  • 予診票
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 福祉医療費受給資格者証

※予診票をお持ちでない人は、実施医療機関に置いてあるものをご使用ください。

実施医療機関

乳幼児予防接種実施医療機関一覧

実施医療機関以外(市外・県外)での接種を希望される場合は、下記までお問い合わせください。

ご不明な点や、接種をご希望される方は、実施医療機関または高崎市保健所保健予防課・各地域の保健センターにご相談ください。

関連情報リンク

このページの担当

  • 保健予防課
  • 電話:027-381-6112