犬の登録と狂犬病予防注射

犬を飼い始めた時

「狂犬病予防法」により生後91日以上の全ての飼い犬は、登録及び年に一度の狂犬病予防注射が義務付けられています。

狂犬病は、人へ感染するおそれがあり、発症したら死亡するおそろしい病気です。日本では60年ほど国内での感染・発症例がありませんが、輸入されてくる動物などにより、いつ持ち込まれるかわかりません。

登録の手続き

生活衛生課、動物愛護センター、各支所市民福祉課(新町地区は新町クリーンセンター)、市内の獣医師会加盟の動物病院でできます。 「犬の登録等申請書」に必要事項を記入し、登録鑑札交付手数料3,000円とともに提出してください。登録鑑札を交付しますので、飼い犬の首輪等に付けておいてください。

なお、登録と同時に狂犬病予防注射を受ける場合は、下の「狂犬病予防注射の手続き」をご覧ください。

犬の登録申請書(ワード形式 18KB)

狂犬病予防注射の手続き

市内の動物病院または下記の市内各地での集合注射で受けられます。 既に登録済みの犬は、市より送付される狂犬病予防注射申請書(ハガキ)を注射料金3,400円(動物病院で受ける場合は別途診察料)とともに提出してください。 注射の前には、必ず登録が必要となります。

集合注射と獣医師会加盟の動物病院では、注射後、その場で注射済票を交付しますので、飼い犬の首輪等に付けておいてください。

獣医師会に加盟していない動物病院で注射した場合は、注射済票交付の手続きのため、生活衛生課、動物愛護センター、各支所市民福祉課(新町地区は新町クリーンセンター)までお越しいただく場合があります。

高崎地区獣医師会 狂犬病予防注射実施動物病院一覧

※未加盟の動物病院では登録等ができない場合があります。詳細は各動物病院にお問い合わせください

市内各地での狂犬病予防の集合注射

平成28年度の狂犬病予防注射を下記の日程で行います。

平成28年度秋の狂犬病予防注射について

その他の手続き

犬を人に譲った・人から譲り受けた(飼い主の変更)

高崎市保健所生活衛生課、各支所市民福祉課までご連絡ください。その際、旧飼い主・新飼い主の住所と氏名を申し出てください。飼い主変更の手続きをいたします。

市外からの転入

転入する前の市町村で登録されていたときの鑑札を持って、高崎市保健所生活衛生課、各支所市民福祉課までお越しください。高崎市の鑑札と無料で交換いたします。なお、鑑札を紛失された場合は再交付手数料として1,600円をいただきます。

市外への転出

転出先の市区町村役場において手続きを行ってください。

飼い犬の死亡

高崎市保健所生活衛生課、各支所市民福祉課までご連絡ください。登録を抹消いたします。

犬が人を噛んでしまったら

飼い犬が人を噛んでしまったときは、高崎市保健所生活衛生課へすぐに届出するとともに、狂犬病の有無を確認するため、飼い犬に獣医師の診断を受けさせてください。

また被害者に対する適切な応急措置及び新たな事故の発生を防止する措置をとってください。

このページの担当

  • 生活衛生課
  •  環境衛生担当
  • 電話:027-381-6116