ごみステーションの設置

高崎市はステーション方式

高崎市での燃やせるごみ、燃やせないごみ、資源物の排出方法は、あらかじめ定められた場所へ排出する、いわゆる「ステーション方式」です。これは全国的に見ても一般的な排出方法です。

ごみステーションの現状

高崎市のごみステーションは、高崎地域、倉渕地域、箕郷地域、群馬地域、新町地域、榛名地域、吉井地域ごとに設置基準を定めています。

高崎地域のごみステーションは、そのほとんどが道路上に設置されています。また、燃やせるごみのステーションはおおむね20世帯に1か所、燃やせないごみ及び資源物のステーションはおおむね40世帯に1か所の割合で設置されています。

ごみステーションの新設・移設・廃止

ごみステーションは、市民の皆様の生活に深くかかわっています。

高崎地域においてごみステーションを新設、移設、廃止する場合は、地区の皆様で話し合ったうえで、環境保健委員から清掃管理課へ申請をお願いします。申請後、環境保健委員が立会いのもと、清掃管理課の職員が現地を確認し、設置基準を満たしていれば承認されます。

なお、その他の地域については、各支所市民福祉課へお問い合わせください。

このページの担当

  • 清掃管理課
  • 電話:027-323-0972