介護予防事業

いつまでも元気に地域で暮らしていくために

「介護予防」ということばをご存知ですか?介護予防とは、介護が必要な状態にならないように、心身の機能の低下を防ぐ取り組みです。
「自分はまだ元気だから介護予防なんて必要ない」と思ってはいないでしょうか。生活習慣病などの病気の予防と同じく、介護予防も元気なうちから取り組んでいく必要があります。心身の過度の老化を防ぎ、いつまでも自立していきいきと暮らしていくために、元気なうちから介護予防をはじめましょう。

65歳以上の方が自由に参加できる教室など

介護予防教室

住み慣れた地域で生活機能を維持しながらいきいきとした社会生活が続けられることを目的に、心身機能と活動性の維持・社会参加を促すための介護予防教室を地域ごとに実施しています。

申し込みを希望される方はお近くの高齢者あんしんセンターへご連絡ください。

高齢者あんしんセンターページ

元気づくりステーション

体操や介護予防に関する講話、体力測定などを、長寿センターなどで定期的に実施しています。

日程などの問い合わせは長寿センターまたは長寿社会課へご連絡ください。

長寿センターページ

ふれあい・いきいきサロン

高齢者の交流の場として、サロンが各地域で活動しています。高崎市では社会福祉協議会に登録されている、ふれあい・いきいきサロンへ理学療法士など、専門職の講師を派遣して介護予防の講話を行なっています。

ふれあい・いきいきサロンについての問い合わせは高崎市社会福祉協議会まで、専門職の派遣についての問い合わせは長寿社会課へご連絡ください。

ふれあい・いきいきサロンへの支援(高崎市社会福祉協議会)

高齢者の居場所

地域の誰もが自由に参加できる場所が高齢者の居場所となっています。週一回以上開催されており、各居場所で住民同士のつながりや「お互いさま」の関係が築かれています。

問い合わせは各居場所最寄りの高齢者あんしんセンターへご連絡ください。

高齢者あんしんセンターページ

平成29年度居場所登録一覧(エクセル形式 13KB)

活動支援

高崎市では高齢者の居場所を運営する者に対し、その活動を支援します。
くわしくは高齢者の居場所運営事業補助金のページをご確認ください。

高齢者の居場所運営事業補助金

地域で介護予防の取り組みを始めたい人 

介護予防サポーターの育成

元気高齢者が介護予防に関する知識や技術を持ち、自ら地域における介護予防を実践できるように「介護予防サポーター養成研修」を行っています。

介護予防サポーターの育成

このページの担当

  • 長寿社会課
  • 電話:027-321-1319
  • ファクス:027-326-7387