介護保険料の社会保険料控除

1月から12月までの1年間に支払った介護保険料は、確定申告等で社会保険料控除の対象になります。

なお、配偶者やその他の親族が負担すべき介護保険料の取扱いは次のようになります。

  1. 配偶者や親族の介護保険料を納付書により支払ったり、口座振替で支払ったりした場合は、支払った人の社会保険料控除の対象となります。
  2. 配偶者や親族が受給している公的年金等から天引き(特別徴収)される介護保険料については、配偶者や親族本人が支払ったものであるため、配偶者や親族本人以外の人の社会保険料控除の対象にはなりません。

特別徴収(年金天引き)の方

日本年金機構から送付される「公的年金等源泉徴収票」に記載の「社会保険料の金額」を本人のみ控除できます。

納付書払いの方

支払い時に領収印が押された「介護保険料領収証書」の合計金額を控除できます。

口座振替の方

高崎市から送付される「口座振替済通知書」に記載の「介護保険料」を控除できます。

※源泉徴収票、領収証書等は申告時に添付資料となりますので、大切に保管してください。紛失した場合は、年間の支払い額を記載した「納付確認書」を発行しますので、介護保険料担当までお問い合わせください。

お問い合わせ

このページの担当

  • 介護保険課
  • 電話:027-321-1219
  • ファクス:027-321-1166