市長の動き(平成25年3月)

平成25年3月

富岡賢治市長が出席した主な行事の様子をお知らせします。

3月27日(水曜日)  場所:高経附第2グラウンド  行事名:サッカーグラウンド人工芝工事 完成式

テープカットの様子 キックインの様子

念願の人工芝グラウンドが完成しました。富岡賢治市長は、「サッカーが強くなれば他の運動部が強くなり、文化部の活動も盛んになる。そうなると学力も向上するという連鎖が起こる。是非とも、この環境を最大限に生かし一層の活躍を期待したい。」とエールを送りました。

3月22日(金曜日)  場所:高崎市下滝町地内   行事名:市道東部幹線開通式

あいさつの様子 テープカットの様子

市道東部幹線は、五差路を十字交差点に改良して交通の整流化を図るとともに、東毛広域幹線道路(国道354号バイパス)による地域分断の一体性を確保し、学校の通学路、地域生活道の安全確保を目的として工事を進めてきました。 式典当日は、「人・モノ・情報が集まる『北陸・上信越と首都圏を結ぶ一大中心都市』をめざすため、本市の拠点性をさらに高めるまちづくりに取り組んでいく。」とあいさつしました。

3月17日(日曜日)  場所:イオンモール高崎  行事名:まちなか音楽祭in群馬

あいさつの様子 客席の様子

市では、街角や商店などで行われる音楽活動を支援しています。今回の音楽祭は、イオンモール高崎の全面的な協力により実現しました。

これからも、様々な場所で自然に音楽が流れ、音楽が日常に溢れているようなまちを目指していきます。

3月17日(日曜日)  場所:エコール  行事名:榛名の梅祭り

あいさつの様子

寒冬の影響で開花が遅れていましたが、暖かい陽気に誘われすっかり見頃を迎えました。 榛名地域の梅は東日本最大規模の 12 万本を誇っています。

富岡賢治市長は、「来年度は、地元の方々の全面的なご協力の下、ヒルクライム、トライアスロン、マラソン大会を開催する。高崎の宝である榛名山を積極的にPRしたい。」と力強く挨拶しました。

3月16日(土曜日)  場所:メトロポリタン高崎  行事名:国際ソロプチミスト高崎 認証20周年記念式典

あいさつの様子

国際ソロプチミスト高崎は、群馬交響楽団の継続的な支援を目的とした慈善コンサートの開催や被災学生に対する奨学資金の寄付などをはじめ、地域社会への奉仕活動を実践しています。 富岡賢治市長は、「国際ソロプチミストは、最も伝統的で品格のある団体の一つ。今後、益々ご活躍いただきたい。」と挨拶しました。

3月10日(日曜日)  場所:榛名文化会館エコール前広場   行事名: TAKASAKICITY 第22回はるな梅マラソン

あいさつの様子

ようやく梅の花がほころびはじめた榛名地域に、全国各地から 3,182 名の参加者を迎え、はるな梅マラソンが盛大に開催されました。開会式で富岡賢治市長は、「今年は榛名で数々のスポーツイベントが開催される。地域の皆さんと一緒に大会を盛り上げて、榛名の素晴らしさを全国に PR していきたい。」と挨拶しました。

3月9日(土曜日)  場所:高崎シティギャラリー   行事名:第33回高崎市小・中学校防火ポスター展表彰式

あいさつの様子 受賞者と集合写真

市内小・中学校から寄せられた430点の中から、特に優れた20作品を特別賞として表彰しました。表彰式で富岡賢治市長は、「これからも消防に関心を持ち、安全で安心な街づくりのお手伝いをしてください。」と挨拶しました。

3月5日(火曜日)  場所:市役所171会議室   行事名:自衛隊入隊者激励会

あいさつの様子

自衛隊は国の安全を守り、災害等の非常事態においては市民の身近なところで大変大きな活躍をしています。平成25年度は高崎市から25名が入隊することになり、激励会が開催されました。富岡賢治市長は、「大変志の高い仕事に従事されることを選ばれ、敬意を表します。皆さんの活躍を心から応援しています。」と激励の言葉を述べました。

3月3日(日曜日)  場所:箕郷町富岡 蟹沢会場  行事名:第26回みさと梅まつり 豊作・安全祈願祭

安全祈願の様子 あいさつの様子

冬晴れの中、豊作・安全祈願祭が執り行われました。

富岡賢治市長は、「梅をはじめとする本市の農畜産物を積極的に売り込むため、平成 25 年度末に完成するスマートインターチェンジに北関東屈指の販売拠点を整備する。是非とも皆様方には一層のご協力をお願いしたい。」と挨拶しました。

3月2日(土曜日)  場所:高崎市総合福祉センター  行事名:総合福祉センターまつり

あいさつの様子

平成18年の開館以来、今年度で第7回を迎える総合福祉センターまつりが賑やかに開催されました。

富岡賢治市長は、ボランティアの方々の日頃の活動に敬意を表すとともに、来年度から実施を予定している私立保育所の途中入所受け入れを促進させるための施策に触れ、「保育士の人材確保なくしては事業が成り立たない。是非とも積極的な声掛けをお願いしたい。」と呼びかけました。

3月1日(金曜日)  場所:高崎経済大学附属高等学校体育館  行事名:高崎市立高崎経済大学附属高校卒業式

祝辞の様子

本日、卒業生 277 人に卒業証書が手渡されました。富岡賢治市長は祝辞の中で、「ここ数年で高崎の街は大きく変わる。その頃には皆さんが主役になる。毎日、目標を持って努力を重ね、是非ともチャンスに繋げていただきたい。」とエールを送りました。

このページの担当

  • 秘書課
  • 電話:027-321-1200
  • ファクス:027-324-6194