市長の動き(平成25年7月)

平成25年7月

富岡賢治市長が出席した主な行事の様子をお知らせします。

7月31日(水曜日)  場所:市役所31会議室  行事名:高崎安中・多野藤岡市町村懇談会

発言の様子  会議の様子

群馬県主催の高崎安中・多野藤岡市町村懇談会が、高崎市役所を会場に開催されました。

意見交換の中で、富岡賢治市長は、「平成 26年度に金沢まで延伸する北陸新幹線の高崎駅停車車両の増加について、是非とも県と連携して働きかけを行っていきたい。」と支援と協力を呼び掛けました。

7月29日(月曜日)  場所:参議院議員会館  行事名: 平成 26年度国の施策に関する要望

要望の様子

本日、参議院議員会館において地元選出国会議員への要望活動を行いました。 各要望事項は、本市の発展にとって大変重要なものです。 今後も、機会あるごとに要望活動を継続して実施してまいります。

7月28日(日曜日)  場所: 中央体育館  行事名: 第46回群馬県社会人剣道大会

あいさつの様子

今年も県内各地から剣道愛好者約 350 名が集い、社会人剣道大会が盛大に開催されました。来賓として開会式に出席した富岡賢治市長は「現在、高崎駅の西側に新体育館の建設を進めており、メインアリーナには剣道の正規試合場を 10 面計画している。また、剣道場も整備する。社会人の大会をはじめ大きな大会を開催していただきたい。」と挨拶しました。

7月27日(土曜日)  場所: 吉井文化会館大ホール  行事名: よしい祇園まつり

あいさつの様子

突然の激しい雷雨のため、吉井文化会館大ホールで開会式を行いました。来賓として出席した富岡賢治市長は、「あいにくの天候ですが、吉井の皆さんのガッツで祭りを盛り上げ、高崎を元気にしていきましょう。」と挨拶しました。

7月27日(土曜日)  場所: 高崎商科大学  行事名: 国際ロータリー第2840地区インターアクト年次大会

あいさつの様子 会場の様子

インターアクトクラブは、ロータリークラブが提唱する青少年の社会奉仕クラブです。今回、県内16校のメンバーが集まり、共通のテーマについて学び、交流を深めました。開会式に招待された富岡賢治市長は、物事に取り組む姿勢として「若い皆さんは、問題点から考えてはダメ。ガッツを持っていろいろなことに立ち向かって欲しい。」とエールを送りました。

7月26日(金曜日)  場所: 高崎市美術館  行事名: ダンボールアート遊園地1万人達成記念

記念写真の様子

6 月 29 日から開催されているダンボールアート遊園地展が、来場者 1 万人を達成しました。 1 万人目の来場を記念して、福島町からお越しのご家族に富岡賢治市長から記念品が贈呈されました。 9 月 8 日まで開催しておりますので、巨大な恐竜や昆虫などユニークな作品の数々を是非ご覧ください。

7月25日(木曜日)  場所: 市民対話室  行事名: 消防協力者表彰式

懇談の様子 集合写真の様子

高崎市内で発生した建物火災において、救助活動や消火活動にご協力をいただいた方に対し、消防協力者として感謝状と記念品を贈呈しました。富岡賢治市長は、火災発生の状況について出席者一人ひとりと懇談し、「皆さんの勇気と的確な判断により被害を最小限に抑えることができました。」と感謝の言葉を述べました。

7月23日(火曜日)  場所:172会議室   行事名: 高崎ボーイズ全国大会出場報告

あいさつの様子 集合写真の様子

第44回日本少年野球選手権大会に出場する高崎ボーイズの選手の皆さんが表敬訪問に来てくれました。富岡賢治市長は自らの野球経験に触れながら「全国の舞台では、みんなで仲良く、元気良くプレーして、高崎の名を上げてください。」と激励しました。

7月21日(日曜日)  場所:高崎ビューホテル  行事名:高崎市書道協会展祝賀会

あいさつの様子

高崎市書道協会は、これまで 姉妹友好都市である 承徳市と高崎市の両市で書画展を開催するなど、 海外との文化交流にも力を注いできました。

富岡賢治市長は、「高崎市書道協会は本筋の伝統文化を担う団体のひとつ。今後のますますのご発展を期待したい。」と挨拶しました。

7月21日(日曜日)  場所:榛名湖  行事名:第1回榛名湖リゾート・トライアスロンin群馬 開会式

あいさつの様子  スタートの様子

第1回榛名湖リゾート・トライアスロン in群馬のメインレースとなるスタンダード、リレーの部が榛名湖畔を舞台に開催されました。

富岡賢治市長は、「トライアスロン協会の熱意と地元の皆さんのご協力により無事に本日を迎えることができた。怪我には注意し完走目指して頑張っていただきたい。」と挨拶しました。

7月20日(土曜日)  場所:榛名湖  行事名:第1回榛名湖リゾート・トライアスロンin群馬 表彰式

表彰式の様子

7月20日、21日の2日間にわたり「第1回榛名湖リゾート・トライアスロン」が榛名湖畔を舞台に開催されました。

初日となる今日は、ちびっこ・キッズ・ジュニア・チャレンジの部が行われ、入賞者には富岡賢治市長から賞状と記念品が手渡されました。

7月20日(土曜日)  場所:高崎経済大学  行事名:地域活性学会フォーラム 第5回研究大会

あいさつの様子

地域活性学会は、研究者の分析とともに地域で実際活動を行っている民間団体、行政の参加等により実践的な政策提言・地域活性化の取組支援につながる学術研究活動を行っています。

富岡賢治市長は、「高崎経済大学からは豊富な人材を輩出していただいているほか、先生方からは様々なお知恵をお借りしている。地域活性化という点では、学生の方々に本市のまちおこしや地域活動といった場面で重要な役割を担っていただいている。国の政策決定が遅い中、地方が独自に頑張っていかなければならない。今後も経済大学と連携し良いまちにしていきたい。」と挨拶しました。

7月19日(金曜日)  場所:八島町  行事名:高崎観光協会事務所開き

あいさつの様子 だるまの目入れ

高崎観光協会の事務所が、市庁舎内からまちなかに移転しました。

富岡賢治市長は、「多少波風が立っても、大胆不敵に活動していただくことが本市の活性化にとって不可欠。若い経営者が集い、新しいアイデアを生み出すような場所になっていただきたい。」と挨拶しました。

7月17日(水曜日)  場所:171会議室  行事名:山車まつり実行委員会

あいさつの様子

高崎まつりが近づき、様々な場所で祭囃子の音色が響いています。 富岡賢治市長は、「山車まつりは高崎市の夏の風景ともいえる。お囃子の音色を聴きながら、子どもたちが熱心に練習している光景を見ると目頭が熱くなる。多くの市民の方々も同じ思いのはず。実行委員会の皆様には長期にわたりご苦労をお掛けするが、引き続きよろしくお願いしたい。」と挨拶しました。

7月17日(水曜日)  場所:高崎ビューホテル  行事名:関東信越税理士会群馬県支部連合会懇親会

あいさつの様子

県内に 9 支部を有する税理士会連合会の総会後の懇親会に出席しました。富岡賢治市長は、「アベノミクスという明るい希望もあるが、その前にやれることは何でもやろうという事で、融資制度の拡充や起業支援、商店リニューアル助成制度など施策を実施してきた。今後も、税理士の皆様方にお知恵を貸していただきながら高崎が元気になる取り組みを進めていきたい。」と挨拶しました。

7月16日(火曜日)  場所:群馬県庁  行事名:平成26年度群馬県への要望

要望の様子 要望書を手渡す様子

大澤知事、久保田県議会議長を尋ね、平成26年度群馬県の施策に関する要望活動を行いました。要望事項は全部で19件、うち3件が新規です。大澤知事は、「要望事項の全てが高崎市の発展にとって重要なものと認識している。連携を図りながらしっかりと検討をさせていただきたい。」と回答しました。

7月15日(月曜日)  場所:小泉ビル  行事名:COCO.IZUMIリニューアル

テープカットの様子 あいさつの様子

YAMAHA音楽教室として長年親しまれてきた「小泉ビル」が、新たに『 coco . izumi 』(ココ・イズミ)としてリニューアルオープンしました。富岡賢治市長は、「高崎全体が音楽のあるまちとして活気を取り戻せるよう、音楽ホールの建設やレコーディングスタジオの整備、音楽活動への助成など様々な取り組みを進めている。民間レベルで活動される皆様とともに、大宮や東京から多くの人を呼び込んでいきたい。」と挨拶しました。

7月12日(金曜日)  場所:市長応接室  行事名:高崎市私立幼稚園協会保護者との意見交換会

意見交換の様子  集合写真

各私立幼稚園の保護者の代表らが一堂に会し、富岡賢治市長と意見交換を行いました。私立幼稚園の実情や保護者の願いに耳を傾けた富岡市長は、「みなさんの生の声を聴くことができ、とても参考になった。今後も幼児教育をしっかりと進めていきたい。」と話しました。

7月11日(木曜日)  場所:群馬音楽センター  行事名:第54回関東ブロック保育研究大会

あいさつの様子1 あいさつの様子2

関東甲信越の保育所、社会福祉協議会及び行政関係者が一堂に会し、保育所の社会的意義と役割、保育実践等について議論を深めました。開催地の首長として出席した富岡賢治市長は、「街づくりには子育て世代への支援がとても重要。高崎市は待機児童ゼロ作戦として、保育士を新たに 107 名確保し、実質的な解消に取り組みました。」と政策を紹介しました。

7月9日(火曜日)  場所:高崎シティギャラリー・コアホール   行事名:第63回高崎市社会を明るくする運動市民大会

あいさつの様子1 あいさつの様子2

社会を明るくする運動は、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築くために展開されている全国的な運動です。大会委員長として出席した富岡賢治市長は「街を元気にするために精力的に取り組んでいるが、犯罪を防止する面において、高崎の街は皆さんの活動によって支えられている。皆さんの献身的な日々の活動に感謝します。」とお礼の言葉を述べました。

7月9日(火曜日)  場所:高崎ビューホテル  行事名:平成26年度群馬県の施策に関する要望事業説明会

要望の様子 あいさつの様子

高崎市選出の県議会議員の皆さんにお集まりいただき、本市と県に関連した事業の説明会を開催しました。群馬県の玄関口である本市の発展は、県にとっても経済的効果が大きいことから、多くの施策について早期に実現するよう要望するとともに、県と連携・協調しながら事業の推進を図ってまいります。

7月5日(金曜日)  場所:庁議室  行事名:ボーイスカウト高崎地区協議会 第16回日本ジャンボリー参加報告

あいさつの様子

ボーイスカウト高崎地区協議会から第 16 回日本ジャンボリーに参加する児童及び指導者の方々が来庁しました。 富岡賢治市長は、「日本ジャンボリーは貴重な経験ができる場。大変なこともあると思うが、是非とも楽しんできてください。」と激励しました。

7月5日(金曜日)  場所:群馬音楽センター  行事名:高崎市長寿会福祉大会

あいさつの様子

本市では高齢者の安心・安全を守るため、3つのゼロ作戦を展開しています。 一つは、特別養護老人ホームの待機者ゼロ、二つ目は孤独死ゼロ、三つ目は買い物難民をゼロに近づけるという政策です。富岡賢治市長は、「ボランティアの方々だけではなく、お元気な会員の皆様にもご協力をいただきながら、高齢者やその家族が安心して生活できる環境を整えたい。」と協力を呼びかけました。

7月3日(水曜日)  場所:高崎神社  行事名:高崎まつり安全祈願祭

あいさつの様子

高崎まつり実行委員会主催の安全祈願祭が厳かに開催されました。 富岡賢治市長は、「実行委員会をはじめ、様々な団体の皆様のご尽力により準備が粛々と進んでいることに感謝している。警察や河川国道事務所の協力により、花火大会の観覧スペースも広くなった。まつりが無事に終わるまで、引き続きご支援をお願いしたい」と挨拶しました。

このページの担当

  • 秘書課
  • 電話:027-321-1200
  • ファクス:027-324-6194