覚せい剤原料関係手続きについて

病院・診療所・飼育動物診療施設・薬局における覚せい剤原料の取り扱いについて

病院、診療所、飼育動物診療施設及び薬局において、医薬品である覚せい剤原料を医師等が施用のために交付する場合や薬局の薬剤師が医師の処方せんに基づき調剤した医薬品である覚せい剤原料を譲り渡す場合には、覚せい剤原料取扱者等の指定を受ける必要はありません(覚せい剤取締法(以下「法」という)第30条の2、法第30条の7、法第30条の9)。
なお、薬局医薬品製造業の許可を受けた薬局(以下「薬局製剤製造業者」という。)が、覚せい剤原料に該当する薬局製剤を製造する場合(例:エフェドリンを使用し、その含有量が10%を超える製剤を製造する場合)には、「覚せい剤原料製造業者」の指定を受ける必要があり、また、覚せい剤原料を使用して覚せい剤原料に該当しない薬局製剤を製造する場合(例:エフェドリンを使用し、その含有量が10%以下の製剤を製造する場合)は、「覚せい剤原料取扱者」の指定を受ける必要があります。

詳細な取扱い方法については、以下の手引きを参考にしてください。

(参考)病院・診療所・飼育動物診療施設・薬局における覚せい剤原料取扱の手引き(PDF形式 228KB)

病院・診療所・飼育動物診療施設・薬局を廃止したときの手続きについて

病院・診療所・飼育動物診療施設・薬局を廃止したときは、15日以内に下記の書類を提出してください。

なお、覚せい剤原料取扱者の指定を受けた機関は、別の手続きになりますので、覚せい剤原料取扱者業務廃止届についてを参照してください。

提出書類一覧

提出部数:2部(控えが必要な場合は、3部)

(1)指定失効等に伴う覚せい剤原料所有数量報告書

指定失効等に伴う覚せい剤原料所有数量報告書(ワード形式 13KB)

廃止時に覚せい剤原料を所有している場合は、下記の手続きもしてください。

覚せい剤原料取扱者・研究者の指定について

覚せい剤原料取扱者又は研究者の指定を受けようとする場合は、下記の書類をそろえ、都道府県知事に申請をしてください。

  • 覚せい剤原料取扱者・・・覚せい剤原料を譲り渡すことを業とすることができ、又は業務のため覚せい剤原料を使用することができるものとして、この法律の規定により指定を受けたもの
  • 覚せい剤原料研究者・・・学術研究のため、覚せい剤原料を製造することができ、又は使用することができるものとして、この法律の規定により指定を受けたもの

提出書類一覧

提出部数:2部(控えが必要な場合は、3部)

(1)覚せい剤原料取扱者指定申請書

覚せい剤原料取扱者指定申請書 (ワード形式 17KB)

(2)添付書類

覚せい剤原料取扱者指定申請

  1. 申請者が法人の場合は、申請者の定款または寄付行為の写し
  2. 覚せい剤原料保管場所を中心とした平面見取図及び次の(1)又は(2)の図面
    (1)保管場所として倉庫・薬品庫等を使用する場合は、その面積、設備(扉の材質、鍵の種類、設置場所、窓と警報設備の有無等)を記した図面
    (2)金庫等を保管庫とする場合、その立体図(大きさ、重量、材質、施錠設備等を記載する)

覚せい剤原料研究者指定申請

  1. 履歴書 
  2. 研究計画書
  3. 保管場所平面図
  4. 保管庫立体図(寸法、重量、材質、施錠状況等記入)

(3)手数料(群馬県証紙)

覚せい剤原料取扱者:11,900円

覚せい剤原料研究者:4,000円

覚せい剤原料取扱者指定証記載事項変更届について

覚せい剤原料取扱者指定証に記載されている事項のうち、住所・氏名・業務所名称を変更したとき、15日以内に届け出てください。

提出書類一覧

提出部数:2部(控えが必要な場合は、3部)

(1)覚せい剤原料取扱者指定証記載事項変更届

覚せい剤原料取扱者指定証記載事項変更届(ワード形式 22KB)

(2)指定証(原本)

※指定証の原本を紛失してしまった場合は、別途再交付申請をしてください【手数料:2,900円(群馬県証紙)】。

様式: 覚せい剤原料取扱者・研究者指定証再交付申請書 (ワード形式 33K)

覚せい剤原料取扱者業務廃止届について

覚せい剤原料取扱者が指定の有効期間中にその業務を廃止したり、覚せい剤原料取扱者が死亡又は解散した場合15日以内に届け出てください。

提出書類一覧

提出部数:2部(控えが必要な場合は、3部)

(1)覚せい剤原料取扱者業務廃止届出書

覚せい剤原料取扱者業務廃止届出書(ワード形式 16KB)

(2)指定証(原本)

(3) 指定失効等に伴う覚せい剤原料所有数量報告書

指定失効等に伴う覚せい剤原料所有数量報告書(ワード形式 16KB)

業務廃止時に覚せい剤原料を所有している場合は、下記の手続きもしてください。

覚せい剤原料廃棄届について

期限切れ等の理由により、覚せい剤原料を廃棄したいときは、あらかじめ届け出てください。

後日、覚せい剤監視員(群馬県薬務課)の立会いの下、廃棄します。

提出書類一覧

提出部数:3部(控えは、廃棄時に渡します)

(1)覚せい剤原料廃棄届出書

覚せい剤原料廃棄届出書 (ワード形式 16KB)

覚せい剤原料事故届について

所有する覚せい剤原料に喪失、盗難、所在不明の事故を生じたときは、すみやかに届け出なければなりません。
盗難等の場合には、所轄の警察署へも届け出てください。

提出書類一覧

提出部数:2部(控えが必要な場合は、3部)

病院・診療所・飼育動物診療施設・薬局の場合

覚せい剤原料事故届出書(ワード形式 16KB)

覚せい剤原料取扱者・研究者の場合

覚せい剤原料事故届出書 (ワード形式 65KB)

問い合わせ

保健医療総務課 電話027-381-6111

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保健医療総務課
  • 電話:027-381-6111