猫の不妊または去勢手術費用の一部補助について

高崎市では、猫の不妊または去勢手術を実施する場合に以下のとおり手術費用の一部を補助します。

ただし、年度途中であっても予算がなくなり次第、補助金の交付は終了となりますので、ご了承ください。

目的

望まない繁殖による飼い主のわからない猫の増加やそれに伴うふん尿被害を軽減させることを目的としています。

補助対象

高崎市内に住所を有し、かつ居住している方が、飼っている猫、または責任をもって世話をしている猫を高崎市内で開業している動物病院で、不妊または去勢手術を受けさせた場合が対象となります。

ただし、手術を受けた日から3ヶ月以内に交付申請をした者に限ります。

補助金の額

  • メスの場合(不妊手術):1頭につき5,000円
  • オスの場合(去勢手術):1頭につき3,000円

手術費が上記の額に満たない場合は、その手術費用の額が上限となります。

補助の対象頭数

1世帯につき3頭まで

申請に必要なもの

  • 1頭につき1枚の不妊または去勢手術費用に係る領収書(原本)
    「手術を受けた日にち」・「申請者の氏名(フルネーム)」・「猫の呼び名」・「手術の名称(不妊か去勢)」が記載された動物病院が発行したもの
  • 申請者の認印
  • 補助金の振込先となる申請者名義の口座情報(通帳等)

申請窓口

高崎市保健所生活衛生課(高崎市総合保健センター4階)

各支所市民福祉課(新町地域については新町クリーンステーション)

※申請は窓口受付のみ。郵送受付は不可。

申請の流れについて

申請から補助金交付までの流れは以下のとおりです。

  1. 高崎市内で開業する動物病院にて猫の不妊または去勢手術を行い、領収書を発行してもらう。
  2. 手術終了後3ヶ月以内に、窓口にて、「補助金交付申請書兼手術実施報告書」(様式1号)、「補助金振込請求書」を記入し、領収書(原本)を添えて申請を行う(場合により委任状も添付)。
  3. 保健所から「交付決定通知書」が送られる。
  4. 指定した口座に補助金が振り込まれまる。

※補助金の振り込みは、申請書提出後、おおよそ1~2ヶ月を目安に行われます。

申請時の注意点について

  1. 申請期限は手術後、3ヶ月以内となっております(例:4月2日手術の場合、7月1日が申請期限)。申請期限切れにご注意ください。
  2. 複数頭の補助金申請をする場合は、1頭毎の領収書が必要になります。
  3. 原則、補助金の振込先となる口座名義人と、補助金申請者は同一でお願いします。申請者名と異なる口座への振込を希望する場合は委任状が別途必要になります。

このページの担当

  • 生活衛生課
  • 電話:027-381-6116