乳幼児のボタン電池の誤飲に注意

誤飲した場合は直ちに医療機関へ

今、玩具やリモコン、LEDライトなどに使われているボタン電池を、乳幼児が誤飲する事故が多数発生しています。

乳幼児が誤飲した場合、ボタン電池は食道のあたりにとどまり、短時間でも潰瘍ができて穴が開いたりする恐れがあります。

リモコンなどで遊んだりしている間に、電池蓋がはずれる場合があります。日頃から、ボタン電池を使用している製品をチェックするのと同時に、電池の取り外しや保管は、子どもの目が届かないところで行うようにしてください。

万一誤飲した、あるいは誤飲した疑いがある場合は、直ちに医者の診断を受けてください。

詳しいことは、消費者庁ホームページをご覧ください。
乳幼児のボタン電池の誤飲に注意(PDF形式)(消費者庁ホームページ)

連絡先

消費生活センター
電話番号:027-327-5155

このページの担当

  • 消費生活センター
  •  消費生活センター
  • 電話:027-327-5155
  • ファクス:027-327-5156