福祉・介護職員処遇改善(特別)加算について

高崎市の障害福祉サービス指定申請事業について、福祉・介護職員処遇改善(特別)加算の届出に必要な書類を掲載しています。
確認の上、書類を揃えて提出してください。

※当年度に福祉・介護職員処遇改善(特別)加算を算定している事業者で、次年度も引き続き算定する場合には、次年度の計画書等の提出が必要になります。

次年度4月1日から新規で算定する場合も、次年度分の計画書等の提出が必要になります。

福祉・介護職員処遇改善加算等に関する基本的考え方について(厚生労働省通知)(PDF形式 861KB)

提出期限

次年度4月1日から算定する場合は、当年度の2月末日まで

※算定する月の前々月の末日まで

届出書類 

福祉・介護職員処遇改善(特別)加算提出書類チェックシート及び確認事項証明書(エクセル形式 36KB)

福祉・介護職員処遇改善計画書

その他必要な書類

以下についてはこれまでに提出した書類に変更がない場合は、提出不要

  • 就業規則の写し(作成義務がある場合は必須です。義務がない場合も、作成していれば提出してください。また、労働基準監督署の受付印の押されたものがあればその写しを提出してください)
  • 給与規程の写し(賃金・退職手当・臨時の賃金等に関する規程を就業規則とは別に個別作成している場合は必須です)
  • 労働保険への加入が確認できる書類(いずれか1つ:労働保険概算・確定保険料申告書、労働保険関係成立届、その他労働保険関係書類)

特別な事情に係る届出書

実績報告書

提出期限

各事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の末日まで

年度末まで継続して加算を算定する場合は、次年度の7月末日が実績報告の提出期限となります。
例:年度末(3月末)→最終加算の支払(5月)→実績報告期限(7月末)
事業所廃止(8月末)→最終加算の支払(10月)→実績報告期限(12月末)

福祉・介護職員処遇改善実績報告書

その他必要な書類

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 障害福祉課
  • 電話:027-321-1245