地域人材支援事業(平成26年度事業報告)

社会教育講師をはじめとする人材を広く皆さんに紹介をするための講座を開催しています。
第1回から第4回デモ講座を以下の内容で開催しました。

第1回デモ講座「スターライト万華鏡をつくろう」

日時

平成26年7月30日(水)午前9時30分~正午

会場

高崎市市民活動センター・ソシアス 第2学習室
地図(地図情報システムを新しいウインドウで表示)

内容

夏休みに合わせて、小学校3年生以上の児童・生徒を対象に、スターライト万華鏡を制作する講座を開催しました。試験管の中にビーズやスパンコールを洗濯のりと一緒に入れ、試験管の中をゆっくり動く様子を、2枚のミラーを組み合わせ光の屈折を利用し観察しました。

ビーズの色の組み合わせや入れる量にも個性が見られ、自分だけのオリジナル万華鏡を楽しそうに、何人かはお母さんと協力し合いながら作っていました。先生においてはただ工作をするだけでなく、光の屈折の原理を小学生にも分かるように噛み砕いて説明をしていただきました。

講座の様子1 講座の様子2 講座の様子3

第2回デモ講座「読み聞かせとパペットセラピー」

日時

平成26年8月27日(水)午後2時~4時

会場

市民活動センター・ソシアス 活動室
地図(地図情報システムを新しいウインドウで表示)

内容

発話機能を持つパペット(腹話術人形)を用いた読み聞かせについての講座を開催しました。導入部分として実例に基づいたパペットセラピーの効果と、パペットを用いるときに必要な発音のテクニックについての講演、中盤では読み聞かせの実演とさまざまなパペットの紹介、後半ではフェルトで簡単に作れるパペット制作を行いました。

読み聞かせの実演では、パペットの他にも効果音をつけるためにチャイムなどの道具を使い、受講者の関心を引き付けていました。また、受講の様子からもパペットが介在すると初めて会う人同士でも会話が弾み、コミュニケーション手段としてパペットが担う役割の大きさを感じることができました。

受講者の約8割がすでに日頃から読み聞かせの活動を行っていた方ということもあり、受講後のアンケートでは「日頃の活動にパペットを活用していきたい」「パペットをもっと作る時間が欲しい」といった意欲的な意見が多く見受けられました。

第2回デモ講座の様子1 第2回デモ講座の様子2 第2回デモ講座の様子3

第2回デモ講座の様子4

第3回デモ講座「アロマ素材でクリスマスキャンドルをつくろう」

日時

平成26年12月4日(木)午後2時~4時

会場

高崎市市民活動センター・ソシアス 第3学習室

内容

今回は天然の素材のみを利用した精油(エセンシャルオイル)と蜜蝋(みつろう)で、クリスマス用のキャンドルを作りました。合成されたものとは違い、気分を穏やかにしリラックスさせるだけでなく、空気をやわらかくし、消臭や浄化効果もとても高いものなどで、生活の様々な場面で取り入れらとのことで、キャンドルに使う芯には「今治タオル」の糸くずを撚ったものを利用しました。

受講者の方はリラックス・リフレッシュ・感染症対策・ときめき・Xmasアロマの5種類から自分の好みや気分に合った香りを選んで作り、押し花でデコレーションをする時は、みなさん夢中になってキャンドルを作っていました。

第3回デモ講座の様子1 第3回デモ講座の様子2 第3回デモ講座の様子3

第4回デモ講座「『生涯学習』について考えよう~高崎学検定を中心に~」

日時

平成27年2月13日(金)午前10時~正午

会場

高崎市市民活動センター・ソシアス 活動室

内容

生涯学習を推進する観点から「高崎学検定」のあり方や今後の方策について、高崎経済大学地域政策学部櫻井常矢教授をコーディネーターに高崎経済大学生25名とワークショップを行いました。

グループワークは6グループに分かれ、意見交換が活発に行われていました。参加者からは「高崎学博士の活用方法」「フェイスブックやツイッターを活用した広報活動」など参考になる意見が多数、寄せられました。

第4回デモ講座の様子1 第4回デモ講座の様子2 第4回デモ講座の様子3

問い合わせ

地域人材支援センター(高崎市市民活動センター内)
電話:027-329-7115 ファクス:027-372-3121
Eメール:shiminkatsudou@city.takasaki.gunma.jp

このページの担当

  • 市民活動センター
  • 電話:027-329-7114
  • ファクス:027-372-3121