アンリ・マティスのジャズ!! -ヨーロッパ版画の黄金時代-

アンリマティスのジャズタイトル画像

アンリ・マティスのジャズ!!  ― ヨーロッパ版画の黄金時代―(2014年)

20世紀初期のヨーロッパは美術革命の中心地でした。フォーヴィスム(野獣派)の画家たちは強烈な色彩とタッチで激しい表現を試み、キュビスム(立体派)の画家たちは二次元のなかに三次元の視点を導入して伝統的な絵画を解体してしまいます。フォーヴィスムを代表するのがアンリ・マティス。そしてキュビスムの創始者はパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックです。また、ピカソ、ブラックとともにキュビスムをおし進めたフェルナン・レジェや、レジェと共同住居兼アトリエの「ラ・リュッシュ」で制作したマルク・シャガールなど、創造的なアーティストたちが続々と登場した時代でした。

本展覧会は、こうした20世紀を代表するアーティストたちの多彩な版画作品をご紹介するものです。大きな見どころは、ひとつのテーマに基づいてさまざまな表現が試みられている連作版画で、アーティストの個性や思想的背景を知るうえで欠かせない興味深い作品群です。マティスの『ジャズ』(20点組)をはじめ、ピカソ、ブラック、レジェ、シャガールなどの連作版画を一堂に紹介し、新時代の美術を切り開いた作家たちの魅力に迫ります。

会期

2014年10月15日(水)~11月30日(日)

主な出品作品

アンリ・マティスの《ジャズ》
アンリ・マティス『ジャズ』より、《馬、女曲馬師、道化師》
1947年 ステンシル・グアッシュ
群馬県立近代美術館蔵

マティスジャズ イカルス
アンリ・マティス『ジャズ』より《イカルス》
1947年 ステンシル・グアッシュ
群馬県立近代美術館蔵

レジェ『サーカス』《ラ・グランド・ジュリー》
フェルナン・レジェ『サーカス』より《ラ・グラン・ジュリー》
1950年刊 リトグラフ
高崎市美術館蔵

シャガール『ポエム』僕の思い出の中で
マルク・シャガール『ポエム』より《僕の想い出の中で》
1968年刊 木版 高崎市美術館蔵
(C)ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2014, Chagall(R)E1158

 ルオー 老いたる道化師
ジョルジュ・ルオー『サーカス』より《老いたる道化師》
1930年 アクアチント 高崎市美術館蔵
(C)ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2014, E1158

そのほかの出品予定作品

パブロ・ピカソ『知られざる傑作』1927年(1931年刊)、エッチング
ジョルジュ・ブラック『もしも僕がそこで死んだら』1962年、木版
ヘンリー・ムア『母子』1983年刊、エッチング、アクアチント、ドライポイント等

主催

高崎市美術館

開館時間

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)
会期中の休館日:10月20日(月)・27日(月)、11月4日(火)・10日(月)・17日(月)・25日(火)

観覧料

一般 300(250)円 大学・高校生200(150)円

  • ( )内は20名以上の団体割引料金
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。
  • 10月28日(火)は群馬県民の日のため無料公開します。

後援

朝日新聞前橋総局、共同通信社前橋支局、産経新聞前橋支局、上毛新聞社、東京新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、群馬テレビ、エフエム群馬、ラジオ高崎、J:COM群馬

関連事業

(1)ワークショップ(群馬県立女子大学×高崎市美術館)
「ステンシル版画でエコバッグを作ろう」

  • 内容:ステンシル版画(型染め)の技法で自分だけのエコバッグを作ろう
  • 日時:10月19日(日)午後1時~、午後2時~、午後3時~ の3回(所要時間は各1時間、各回とも15名)
  • 場所:南公民館 5階
  • 対象:小学校1年生以上(小学校3年生以下のお子様は保護者同伴)
  • 材料費:500円
  • 申込み:10月7日(火)午前10時から電話(027-324-6125)で受付。申込み先着順
  • 協力:群馬県立女子大学 奥西ゼミ

(2)高崎市立南小学校連携事業「版画が奏でるリズムとメロディー」作品展示

小学校&美術館の連携授業で制作した子どもたちの版画作品を公開します。
版画家、玉川研治さんが子どもたちに指導した、音楽あふれる版画連作を、旧井上房一郎邸で展示します。

  • 展示期間:11月1日~11月30日
  • 会場:旧井上房一郎邸

(3)学芸員によるギャラリートーク

  • 日時:10月25日(土)、11月15日(土)いずれも午後2時~
  • 会場:高崎市美術館
  • 予約不要、要観覧料

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126