高齢者用肺炎球菌(任意接種)

高齢者用肺炎球菌ワクチンの任意接種の助成があります。

高齢者用肺炎球菌ワクチン(任意接種)

肺炎は死亡原因の第3位であり、肺炎球菌はその原因の一因です。高齢者用肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎球菌感染症の約70%に予防効果が期待できます。また、発病しても症状の悪化を抑え、合併症を予防することが期待されています。健康な人では、少なくとも接種後5年間は効果が持続するとされており、インフルエンザのように毎年接種する必要はありません。 

注意、平成26年10月から定期接種になりました。

高齢者用肺炎球菌(定期接種・経過措置)

種類 高齢者用肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜多糖体ワクチン)
対象者 75歳以上の人
回数 1回(今までに助成を受けていない方が対象です。)
費用

接種料金から2,000円を引いた額

県外で接種希望の方は、手続きが必要ですので事前(接種希望日の10日程前まで)に保健予防課までご連絡ください。

対象者

75歳以上の人で今までに一度も助成を受けていない方が対象です。

公費助成額 

1人1回のみ2,000円を市から助成します。

※注意 接種費用は各医療機関によって異なります。

予防接種を受けられる医療機関  

高齢者用肺炎球菌・インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧

このページの担当

  • 保健予防課
  • 電話:027-381-6112