有元利夫展 天空の音楽

有元利夫展 天空の音楽バナー

有元利夫展 天空の音楽(2014年)

「素晴しい音楽を画面いっぱいに鳴り響かせる-、いつかそんな作品を作ってみたいものです。」

かつてそんなふうに願ったひとりの画家がいました。その制作期間はわずか10年、奇跡のように珠玉の作品を描き、38歳で急逝しました。有元利夫(1946-1985)-。その名は今もなお特別の響きを持っています。東京藝術大学在学中から、フレスコ画や日本の仏画などの古画に共通する普遍の美に導かれ、油彩画でも日本画でもない「いい絵」を描くために、岩絵具や箔などを用いる独自の技法に辿りつきます。長い年月を経て風化したようなその絵肌には、ときに人物が宙を舞い、花びらが降りそそぎ、いつとも、どことも知れない物語の幕が上がります。この世ならぬ光に満ちて広がる空間には、独特の浮遊感とともに、やがて、天空の音楽が流れはじめます-。

本展では代表作を含む絵画58点、版画23点、立体14点、計95点によって画家10年の軌跡を辿るほか、幼少期や学生時代の油彩画、遺愛の品々などをあわせて展示し、没後30年を迎えようとする今日なお、褪せない輝きを放つ有元利夫の美意識や、豊かな創造の秘密をご紹介します。

有元利夫展 解説(PDF形式 606KB)

会期

2014年12月14日(日)~2015年2月15日(日)

主な出品作品

有元利夫 花吹
《花吹》 1975年
三番町小川美術館蔵(C)Yoko Arimoto

有元利夫 花降る日
《花降る日》1977年
三番町小川美術館蔵(C)Yoko Arimoto

有元利夫 春
《春》 1979年
三番町小川美術館蔵(C)Yoko Arimoto

有元利夫 厳格なカノン
《厳格なカノン》1980年
三番町小川美術館蔵(C)Yoko Arimoto

有元利夫 ロンド
《ロンド》1982年
三番町小川美術館蔵(C)Yoko Arimoto

有元利夫 一人の夜
《一人の夜》1982年
三番町小川美術館蔵(C)Yoko Arimoto

主催

高崎市美術館

開館時間

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)、祝日の翌日、年末年始
会期中の休館日:12月15日(月)・22日(月)・24日(水)・28日(日)~1月5日(月)・13日(火)・19日(月)・26日(月)、2月2日(月)・9日(月)・12日(木)

観覧料

一般 600(500)円 大学・高校生300(250)円

  • ( )内は20名以上の団体割引料金
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

協力

三番町小川美術館

企画協力

産経新聞社

後援

朝日新聞前橋総局、共同通信社前橋支局、産経新聞前橋支局、上毛新聞社、東京新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、NHK前橋放送局、群馬テレビ、エフエム群馬、ラジオ高崎、J:COM群馬

関連事業

(1)有元容子さん講演会
「彼方をみつめるまなざしー有元利夫の画業から」

  • 講師:有元容子(日本画家・有元利夫夫人)
  • 日時:12月14日(日)午後2時より
  • 場所:高崎市南公民館
  • 申込み:電話で受付いたします(高崎市美術館 027-324-6125)
  • 定員:80名(申込み先着順)
  • 講演会は参加無料ですが、展覧会を観覧される方は、別途美術館観覧料が必要です。

(2)ミュージアムコンサート&トーク

  • 演奏:渡辺敏晴(チェンバロ奏者)
  • 日時:12月26日(金) 午後6時30分より1時間程度
  • 申込み:電話で受付いたします(高崎市美術館 027-324-6125)
  • お席に限りがございます(40席ほどです)
  • 美術館観覧料が必要です

(3)天空の音楽の余韻とともに、香り高いコーヒーはいかが?

  • コーヒードリップ:間庭邦夫(tonbi coffee 店主)
  • 日時:2015年2月7日(土)・8日(日) 午前10時より午後0時30分
  • 予約不要、美術館観覧料が必要です

(4)学芸員によるギャラリートーク

  • 日時:2015年1月17日(土)、1月31日(土)、2月14日(土)いずれも午後2時~
  • 会場:高崎市美術館
  • 予約不要、美術館観覧料が必要です

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126