個人番号カード等を使った転入転出の手続き

個人番号カード等(個人番号カードまたは住民基本台帳カード)の交付を受けている人は、個人番号カード等の特例の転出届を行い、個人番号カード等を引越先の市区町村の窓口で提示することで転入の手続きを行うことができます。その際、暗証番号の入力が必要になります。

転出の手続き

郵送または窓口で手続きをすることができます。

郵送での手続き

転出証明書交付申請書(郵送用)を記入の上、郵送してください。

転出証明書交付申請書(郵送用) (申請書ダウンロードサイトを新しいウィンドウで表示)

個人番号カード等の交付を受けている人が手続きを行う場合、原則として転出証明書は交付されません。

転出届は日数に余裕をもって送付してください。郵送及び事務処理に日数がかかるため、転入届の届出期間(転出予定日から30日または転入日から14日の早い方の日付)に処理が間に合わない場合があります。

国民健康保険や乳幼児医療保険・老人医療保険の手続き、介護保険の手続き、子供の転校の手続きなどがある場合は、窓口での手続きが必要となります。

また、以下の場合は郵送での転出手続きができませんのでご注意ください。

  • 個人番号カード等の有効期間が過ぎている場合
  • 個人番号カード等の運用状況が廃止、一時停止となっている場合

届出期間

転出する30日前から受け付けます。

転入をした日から14日を経過した日以降の届出は、個人番号カード等の特例の転出届ではなく、転出証明書を交付します。

必要なもの

以下の書類のいずれかのコピーを同封してください。

  • 個人番号カード(個人番号が記載されている面のコピーは不要)
  • 住民基本台帳カード(顔写真付)
  • 住民基本台帳カード(顔写真無)及び顔写真付の身分証明書(免許証、パスポートなど)

届出先

〒370-8501高崎市高松町35番地1
高崎市役所市民課 住民記録担当

窓口での手続き

直接窓口に来て転出届の手続きをしていただくこともできます。

  • 窓口:本庁市民課7番窓口及び各支所市民福祉課窓口、各市民サービスセンター
  • 受付時間:平日(月曜日~金曜日)午前8時30分~午後5時15分
    3月~4月の繁忙期は窓口が混みますので、時間に余裕をもってお越しください。

転入の手続き

転出日から14日以内に、転入地市区町村に個人番号カード等を持参して転入の手続きをしてください。手続きには、個人番号カード等の暗証番号の入力が必要となります。

以下の場合は手続きができませんのでご注意ください。

  • 転出届の受付処理が終了していない場合
  • 個人番号カード等の有効期間が過ぎている場合
  • 個人番号カード等の運用状況が廃止、一時停止となっている場合
  • 転出予定日から30日を経過した日、または転入をした日から14日を経過した日のいずれか早い日以降の届出

個人番号カード等の交付を受けている人以外で、一緒に転出する人が転入の手続きを行う際に、個人番号カード等の暗証番号の入力が正しく行われない場合、個人番号カード等による本人確認ができません。この場合、運転免許証など手続きを行う人の本人確認書類が必要となります。

個人番号カード等の継続利用

高崎市で交付した個人番号カード等を、引越先の市区町村で継続利用の手続きを行うことで、引き続き使用することができます。継続利用の手続きには、引越し先の市区町村で個人番号カード等の提出と暗証番号の入力が必要になります。

ただし、次の場合は継続利用ができません。

  • 個人番号カード等の有効期間が過ぎている場合
  • 個人番号カード等の運用状況が廃止、一時停止となっている場合
  • 住民基本台帳カードの裏面の追記欄に住所を記入する余白が無い場合

また、裏面の追記欄に住所を記入する余白の無い個人番号カードは、希望により再交付(無償)いたします。

なお、次の場合は、個人番号カード等は使用できなくなります。

  • 転入届をした日から個人番号カード等の継続利用の手続きをしないまま、90日を経過した場合
  • 転入届をした日から90日以内でも、継続利用の手続きをしないまま他市区町村に引越しをした場合

このページの担当

  • 市民課
  •  住民記録担当
  • 電話:027-321-1232
  • ファクス:027-328-6924