染料植物園 過去の企画展

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

  • 異国情緒と江戸の粋‐唐棧(とうざん)の世界‐(4月24日~6月7日)
  • 今は昔のもの語り‐江戸のよそおい・江戸の顔-(10月9日~11月23日)

平成26年度

  • 開園20周年企画 紅の誘(いざな)い‐紅花今昔(6月13日~7月21日)
  • 開園20周年企画 いろとくすりの不思議な関係!?(10月10日~11月24日)

平成25年度

  • 姫君の愛した着物たち‐青梅きもの博物館コレクション‐(4月27日~6月9日)
  • 文様礼賛(もんようらいさん)-布にひろがる美と願い(10月11日~11月24日)

平成24年度

  • 花拵え(はなごしらえ)‐古都の染め和紙と花神饌(はなしんせん)(4月28日~6月3日)
  • 和の布あれこれ‐染織品でたどるにっぽんのこころ(9月28日~12月2日)

平成23年度

  • 観音山の生きものたち-瀧田吉一鉛筆画展(4月16日~6月19日)
  • 伊勢崎の太織(ふとおり)-江戸の特産品(10月15日~11月27日)

平成22年度

  • 染めと織りの島・八丈-黄八丈の輝き(4月24日~6月6日)
  • 色に憑(つ)かれた男・山崎青樹-草木と生きた男(前期:9月11日~10月17日 後期:10月19日~11月28日)

平成21年度

  • 日本の伝統の色を訪ねる「藍染の美」(4月16日~6月14日)
  • 草木染・四季の彩-色は自然からのプレゼント(10月9日~11月29日)

平成20年度

  • 日本の伝統の色を訪ねる「草木染 紫色の世界」(3月29日~6月8日)
  • 越後の麻織物‐縮と上布(前期:10月17日~11月9日 後期:11月11日~11月30日)

平成19年度

  • 山崎青樹草木画展 草木絵の具で描いた世界(4月12日~6月3日)

平成18年度

  • 平安女房装束の美 襲の色目(かさねのいろめ)(4月13日~6月4日)
  • AYNU アイヌ女性の手仕事 ‐織・編・繍‐(10月19日~11月26日)

平成17年度

  • 飛鳥奈良の色 高松塚古墳女子群像の服色に迫る(4月2日~6月5日)
  • 奄美大島の染織-南の島の衣(ギン)と泥染-(7月14日~9月14日)

平成16年度

  • 草木染 群馬県指定重要無形文化財保持者 山崎青樹の歩める道(4月9日~5月30日)
  • 高崎市染料植物園10周年記念企画展 染料植物10年の歩み‐草木の織りなす世界(10月7日~11月28日)

平成15年度

  • 草木染月明織 桃麿の染織 日本の縞(9月4日~10月13日)
  • ウールの染織 寺村裕子 植物が語る700彩(10月18日~11月24日)

平成14年度

  • 出雲の筒描染(4月9日~5月26日)
  • 日本の伝統の色を訪ねる「再現古代の染色」(10月19日~11月26日)

平成13年度

  • 草木染の技・型染(4月19日~5月27日)
  • 日本の伝統の色を訪ねる「万葉の花と染色」(10月13日~11月25日)

平成12年度

  • 日本の伝統の色を訪ねる 襲の色目 春夏の巻(4月20日~5月28日)
  • 草木染の百年(10月15日~11月12日)

平成11年度

  • 竹重百合枝 まゆのめぐみ・草木のめぐみ(4月22日~5月30日)
  • 日本の伝統の色を訪ねる 襲の色目 秋冬の巻(10月1日~11月28日)

平成10年度

  • 開園5周年記念 沖縄石垣島の染織(4月22日~5月17日)
  • 日本伝統の色を訪ねる 古代の彩色(10月14日~12月23日)

平成9年度

  • 山崎青樹・草木染展 造形に生きた六十年(4月17日~6月8日)

平成8年度

  • 古代からのメッセージ 草木が織りなす原始布展(4月24日~5月26日)
  • 中川善子・花びら染展(9月18日~10月27日)
  • 観音山の植物・原画展(10月30日~11月23日)

平成7年度

  • 開園一周年記念 山崎青樹・若葉による緑色染(4月18日~5月28日)
  • 95夏藍絞り染 有松鳴海絞り 榊原あさ子展(8月2日~9月3日)
  • 市制95周年記念事業 海を渡ってきた染色吉岡コレクション インド更紗展(10月4日~11月12日)

平成6年度 

  • 開園記念・山崎青樹展(4月26日~6月26日)
  • 植物染色10人展(6月28日~7月31日)
  • 藍染の美 紺屋三代展(11月15日~12月14日)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 染料植物園
  • 電話:027-328-6808
  • ファクス:027-328-6818