群馬県地域興しマイスターとのコラボメニューを開発

平成26年7月23日、高崎市中央公民館にて、群馬県地域興しマイスターの青木茂治氏(東日本調理師専門学校教務部長)をアドバイザーに迎え、地場産農産物を活用した新たな学校給食メニューの開発に取り組みました。

今回の事業は、市の健康教育課(学校給食の充実)、農林課(地産地消の推進)、健康課(食育の推進)の三課が連携・協力した初めての試みとなりました。

開発されたメニューのレシピを紹介します。ご家庭でも作りやすいようにアレンジして作成しましたので、ぜひご活用ください。 

Cake sale a la“TAKASAKI” 高崎ケーク・サレ

高崎ケーク・サレの画像

材料(10かける18センチのパウンドケーキ型1台分)

生地

  • 小麦粉(高崎産小麦きぬの波) 160グラム
  • ベーキングパウダー 小さじ1.5
  • 卵 3個
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 黒こしょう・ナツメグ 適量
  • オリーブ油 70ミリリットル
  • 牛乳 90ミリリットル

具材

  • オリーブ油 大さじ2
  • ベーコン 50グラム
  • たまねぎ 50グラム
  • しいたけ 2枚
  • ブロッコリー 50グラム
  • ミニトマト 5個
  • プロセスチーズ 50グラム
  • 粉チーズ 大さじ1
  • 塗りバター 適量

作り方

  1. ベーコン、たまねぎ、しいたけ、ミニトマトは角切りにする。
  2. オリーブ油で焦げ目がつくまでベーコンを炒める。たまねぎ、しいたけを加えて炒める(※たまねぎは炒めると甘さが3倍になります)。
  3. 塩、黒こしょう、ナツメグで下味をつける。
  4. ミニトマトを加えて水分がとぶまで炒める。
  5. ブロッコリーは小房にわけて下茹でし、ペーパータオル等で水気を切る。
  6. プロセスチーズは角切りにしておく。
  7. 小麦粉とベーキングパウダーはあわせてふるっておく。ボウルに卵、砂糖、塩を入れてよく混ぜ合わせ(※気泡が入るように混ぜるとふっくら仕上がります)、オリーブ油を加えながらさらに混ぜる。牛乳、小麦粉、ベーキングパウダーを加え静かに混ぜる。
  8. 4、5、6、7を合わせてバターを塗った型に流し入れ、上に粉チーズ、黒こしょう、ナツメグをふり、180度のオーブンで40分焼く。焼きあがったらすぐに型からはずす。

たかさき福々蒸しパン

たかさき福々蒸しパンの画像

材料(25個分)

  • アルミカップ 25個

蒸しパン生地

  • 牛乳 2.5カップ
  • ゆでたチンゲンサイ 100グラム
  • 小麦粉(高崎産小麦きぬの波) 600グラム
  • ベーキングパウダー 大さじ2
  • 砂糖 150グラム
  • 塩 小さじ1
  • サラダ油 2分の1カップ

肉団子

  • 豚ひき肉 150グラム
  • 〈調味料A〉
    ・しょうが 小さじ2分の1
    ・長ねぎ 4分の1本
    ・砂糖  大さじ1
    ・酒 大さじ1
    ・しょうゆ 大さじ1
    ・塩 小さじ4分の1
    ・こしょう 少々
    ・ごま油 大さじ2分の1
  • チンゲンサイ、白菜合わせて 100グラム
  • 豚バラ肉 100グラム
  • たけのこ(水煮) 25グラム
  • 干ししいたけ(戻し) 50グラム
  • 〈調味料B〉
    ・砂糖 大さじ1
    ・酒 大さじ2
    ・しょうゆ 大さじ1
    ・旨味調味料 少々
    ・こしょう 少々
    ・鶏がらスープ 1カップ
    ・塩 小さじ4分の1

作り方

  1. しょうがはすりおろす。長ねぎはみじん切りにする。
  2. チンゲンサイと白菜をゆでてあら熱をとり、冷めたら粗みじん切りにし、よくしぼって水気を切る。
  3. ボウルに豚ひき肉を入れ、調味料Aと2を加えてよく混ぜる。
  4. 豚バラ肉、たけのこ、干ししいたけは5ミリ角に切る。フライパンで豚バラ肉をよく炒め、たけのこ、干ししいたけの順に加えていき、調味料Bを入れて煮汁がなくなるまで炒めて冷ます。
  5. 3に4を混ぜ合わせ、25個団子を作る。
  6. 小麦粉とベーキングパウダーはあわせてふるっておく。蒸しパン生地の牛乳とゆでたチンゲンサイはミキサーにかけ、他の蒸しパン生地の材料と混ぜ合わせる。
  7. アルミカップの底に生地を流し、その上に団子を乗せる。さらにその上に生地を流して団子を包むようにする。
  8. 蒸し器で15分から20分間蒸す。

国府のロール白菜の煮込みにんじんソース

国府のロール白菜の煮込みにんじんソースの画像

材料(4人分)

  • 白菜 4枚
  • ベーコン 4枚
  • ブロッコリー 60グラム
  • 〈鶏肉の詰め物〉
    ・鶏ひき肉 200グラム
    ・たまねぎ 2分の1個
    ・卵 1個
    ・牛乳 大さじ1
    ・パン粉 大さじ3
    ・塩、こしょう 少々
  • 〈にんじんペースト〉
    ・サラダ油 4分の1カップ
    ・ツナ 40グラム
    ・カニ風味かまぼこ 50グラム
    ・にんじん 100グラム
    ・鶏がらスープ 2カップ
    ・塩 小さじ2分の1
    ・酒 大さじ1
    ・こしょう 少々
    ・オイスターソース 小さじ2分の1
  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ1
  • サラダ油 大さじ1

作り方

  1. たまねぎをみじん切りにし、透き通るまで炒めて冷ます。
  2. ボウルに鶏肉の詰め物の材料を全て入れ、よく練り合わせる。
  3. 白菜は1枚1枚はがし、塩茹でして冷まし、水気を切っておく。
  4. 白菜で2を包むように巻き、さらにベーコンを巻いておく。
  5. ブロッコリーは小房に分けて塩茹でしておく。
  6. にんじんはすりおろす。
  7. 鍋にサラダ油を熱し、ツナ、カニ風味かまぼこを炒め、にんじんを加えてさらによく炒める。
  8. 鶏がらスープ、塩、こしょう、オイスターソースを加えて煮る。その中に4を入れてふたをし、15分から20分弱火で煮込む。
  9. ロール白菜を器に盛る。
  10. 煮汁に、同量の水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつける。
  11. サラダ油を加え、ロール白菜にかける。ブロッコリーを添える。

フライドポテトの生姜焼き風

フライドポテトの生姜焼き風の画像

材料

  • じゃがいも 400グラム
  • 揚げ油 適量
  • エリンギ 1本
  • サラダ油 適量
  • パセリ 少々
  • 黒こしょう 少々
  • 〈生姜焼きソース〉
    ・しょうゆ 大さじ1
    ・酒 大さじ1
    ・みりん 大さじ1
    ・しょうが 小さじ1
    ・にんにく 少々

作り方

  1. しょうが、にんにくはすりおろし、生姜焼きソースを合わせる。
  2. じゃがいもは皮をむき、拍子木切りにして水にさらし、下ゆでする。
  3. 揚げ油でじゃがいもを揚げてフライドポテトを作る。
  4. エリンギは短冊切りにする。
  5. フライパンにサラダ油を熱し、エリンギを色よく炒め、フライドポテト、生姜焼きソースを加え、強火で手早く炒める。
  6. 皿に盛り、パセリ、黒こしょうをふる。

Salada de radi sec et thon 切り干し大根とツナのサラダ

切り干し大根とツナのサラダの画像

材料(4人分)

  • 切り干し大根 40グラム
  • たまねぎ(みじん切りにしたもの) 大さじ2
  • ツナ缶 60グラム
  • 〈ソース〉
    ・無糖ヨーグルト 大さじ3
    ・マヨネーズ 大さじ3
    ・砂糖 ひとつまみ
    ・塩・こしょう 少々
  • トマト 1個
  • ベビーリーフ 4分の1袋
  • ブロッコリースプラウト 2分の1パック
  • 〈ドレッシング〉
    ・マヨネーズ 大さじ2
    ・牛乳 大さじ1
  • ゆで卵 1個

作り方

  1. 切り干し大根は十分水戻しして固くしぼり、適当な長さに切っておく。たまねぎはみじん切りにする。
  2. ソースの材料を混ぜる。
  3. 切り干し大根、たまねぎ、ツナ、ソースを和える。
  4. トマトは1センチの厚さにスライスする。
  5. 皿にベビーリーフ、トマトを盛り、トマトの上に3、ブロッコリースプラウトを乗せ、ドレッシングをかける。
  6. ゆで卵を切って飾る。

焼き卵とチンゲンサイのスープ

焼き卵とチンゲンサイのスープの画像

材料(4人分)

  • 卵 2個
  • 塩、こしょう 少々
  • 長ねぎ 3分の1本
  • しょうが 5グラム
  • たけのこ(水煮) 30グラム
  • 干ししいたけ(戻し) 2枚
  • チンゲンサイ 50グラム
  • サラダ油 適量
  • 鶏がらスープ 3カップ
  • 〈スープ用調味料〉
    ・塩、こしょう 適量
    ・酒 適量
  • ごま油 少々

作り方

  1. 長ねぎ、たけのこ、干ししいたけは薄切り、しょうがはせん切りにしておく。チンゲンサイは2センチ幅に切っておく。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、塩、こしょうを加えた溶き卵を流し入れオムレツを作るような感じで、卵焼きを色よく作る。
  3. スープを注ぎ、長ねぎ、しょうが、たけのこ、干ししいたけを加え、ふたをして2、3分煮込む。
  4. 調味料を加え、チンゲンサイを入れて色よくなったら、ごま油を加える。
  5. 盛り付けるときに、卵をおたまで切り分けてよそる。

このページの担当

  • 健康教育課
  • 電話:027-321-1294