染料植物園歳時記

過去の歳時記

技法講習会「藍染 筒描染5月コース」が開催されました 2018年5月26日

みずむらやよい先生を講師に「藍筒描染5月コース(全3回)」が、開催されました。

5月コースは、ユネスコ「世界記憶遺産」に登録された上野三碑の一つ、「多胡碑」の文字を染める初心者向けの講習でした。

講習は、先生の筒描染の説明から始まり、対象物の写生、染色する布へ青花ペンでの下書き、糊で下書きにそって描き、糊を乾かしてからの染色作業となりました。

皆さんの個性溢れるすばらしい作品が出来上がりました。

6月コースは電話にて募集受付中です。

技法講習会

筒書染の様子1

筒描染についての説明からスタートです。

筒書染の様子2

青花ペンで練習した下書きを乾燥させる様子です。

筒書染の作品

5月コースでは「多胡碑」に記されている文字を染めました。

子どもワークショップ 自然と友だちになろうネイチャーゲーム 2018年5月20日

ネイチャーゲームの様子1 ネイチャーゲームの様子2

5月20日(日)に「自然と友だちになろうーネイチャーゲーム」を開催しました。

はるなネイチャーゲームの会のみなさんを先生に、園内の木々や花、昆虫などを見つけながら自然の中でゲームを楽しみました。

「ここから見える木々の緑色は濃い色、薄い色いろいろあるね。何種類あるか数えてみよう。」

「うーん8種類」、「10種類」

子どもたちの大きな声が響きました。

藍の植え替えを行いました 2018年5月17日

藍の植え替えの様子1 藍の植え替えの様子2

8月の「藍の生葉染体験」に使用するため、藍の植え替えをしました。

今は株の間がだいぶ空いていますが、時期になると隙間なく葉っぱで覆われます。

体験は、この葉っぱを摘むところから始まります。

「藍の生葉染体験」は、7月7日から募集開始です。

子どもワークショップページ

ムラサキの花が咲きました 2018年5月8日

ムラサキの開花

昨年植えたムラサキが、花を咲かせました。小さな可憐な花は、7月上旬まで見ることができます。

「紫は灰さすものぞ海石榴市(つばいち)の八十(やそ)の衢(ちまた)に逢へる児や誰」この万葉集の歌に名前が出るほど歴史は古く、奈良時代から江戸時代末頃まで栽培が行われた染料植物です。現在は、合成染料の登場により使用が減少し、自生のムラサキは、絶滅危惧種レッドデータブックIB類(環境省レッドリスト)にランクされるまでになっています。

来園の際は、ぜひご覧ください。

技法講習会 和紙夾纈染の講習会が開催されました 2018年4月22日

和紙夾纈染の様子 和紙夾纈染の作品

4月22日(日)に技法講習会「菊池周子の草木による和紙夾纈染」の染色講習会が開かれ、高崎友の会「くりの会」のみなさんにご指導いただきました。

草木染料は、渋木(しぶき)、蘇芳(すおう)、ロッグウッド、茜、黄檗(きはだ)、栗(鬼皮を干したもの)の6種類。媒染剤はアルミ、鉄の2種類から選びました。

染色方法は、三角のびょうぶだたみに折った和紙の角に草木染料を染み込ませ、広げると万華鏡のような雪花模様になります。染め上がりの和紙は、折り目を中心に左右対称となります。

このページの担当

  • 染料植物園
  • 電話:027-328-6808
  • ファクス:027-328-6818