山田かまち美術館日記

ギャラリートークを開催しました 2018年4月5日

2018年3月25日(日)、山田千鶴子さんによるギャラリートークを開催しました。
たくさんのお客様にご来館いただき、心より感謝申し上げます。

今回も興味深いお話が盛りだくさんで、山田かまちが世に知られるきっかけとなった、かつての展覧会の様子など、当時を知るお母様ならではのお話を聞くことができました。

今でこそ全国的に名前が知られるようになった山田かまちですが、当時は無名の少年でありました。
けれども、その魅力に触れた人々の尽力により県内外で開催された展覧会や、各方面での発信等、さまざまな積み重ねから、これほどまでに世に知られる存在となったということを改めて感じることのできたお話であったと思います。

当館がリニューアルオープンし、まもなく4年が経とうとしています。
これまで多くの方々に愛され、伝えられてきた山田かまちの魅力を、当館でもより一層紹介してまいりたいと感じました。
今後とも、何卒よろしくお願いします。

ギャラリートークの様子1

ギャラリートークの様子2

山田かまちがテレビ番組で紹介されます 2017年12月26日

群馬テレビの制作番組「ぐんま!トリビア図鑑」(週1回レギュラー放送・15分番組)において、山田かまちにスポットをあてた番組が放送されます。
この機会にぜひご覧ください。

番組名

「ぐんま!トリビア図鑑」〔第110回〕「山田かまち」が生きた17年

放送予定

群馬テレビ

  • 平成30年1月2日(火曜日)午後9時~9時15分
  • (再放送1)1月6日(土曜日)午前10時30分~10時45分
  • (再放送2)1月8日(月曜日)午後0時30分~0時45分

ギャラリートークを開催しました 2017年12月26日

平成29年12月10日(日)、山田かまちが小学校3年生の時に担任され、ご自身も画家の竹内俊雄先生を講師にお招きし、ギャラリートークを開催しました。
小学校時代のかまちと同級生のエピソードや、上野で開催された美術展へかまちを連れて行ったときの様子など、身近にいらっしゃった先生ならではの貴重なお話をうかがえました。
お客様からの、かまちが小学生の時に制作した版画についての質問には、画面構成など芸術的な観点からも解説していただきました。
皆様、作品の新たな見所を発見されたご様子でした。

冬の寒い中、お越しくださったお客様には心より御礼申し上げます。
今後も楽しい企画を行っていきますので、ぜひご参加ください。

12月10日ギャラリートークの様子

高崎シティギャラリーでの展示が開催中です 2017年10月13日

高崎シティギャラリーにて、「山田かまち あふれるエネルギーと感性『生きる』」が開催中です。
ゆったりとした展示室に、代表絵画作品65点を含む、約130点の作品や遺品が一堂に展示され、アーティスティックな空間が生み出されています。

かまち直筆のノートページを複製したパネルでは、彼の残した筆跡で詩文を読むことができます。
心の昂ぶりをぶつけたような激しい詩文もあれば、愛する人のことを考えながら一文字ずつ丁寧に綴られた詩文もあり、その時々のかまちの心境に思いをめぐらすことができます。

また、かまちが実際に愛用していた遺品も展示されています。
絵の具の色がそのまま残っていたパレットからは、彼がロック音楽に体を揺らし、心を躍らせながら毎日のように画用紙に向かっていたというエピソードのとおり、制作時の息づかいまで聞こえてくるようです。
かまちの生きた時代の高崎市を撮影した写真パネルの展示もあり、時代の空気や、かまちの新たな魅力に触れることができることと思います。

こちらの展示は、平成29年10月15日(日)が最終日です。
お見逃しのないよう、お早めにお出かけください。

シティギャラリー風景

作品がテレビ番組で紹介されます 2017年7月19日

7月21日は、山田かまちの誕生日です。
今年で57回目を迎えます。
青春を駆け抜けたその人生は、今でも多くの人々を魅了してやみません。

彼の残した作品が、今回テレビ番組で紹介されることとなりました。
放送予定は以下のとおりです。

番組名

「美の巨人たち 山田かまち『青い自画像』」

放送予定

テレビ東京系全国ネット

2017(平成29)年7月29日(土)午後10時~10時30分

BSジャパン

2017(平成29)年8月16日(水)午後11時~11時30分

(放送日は変更になる場合があります。)

これからもみなさまに、かまちのさらなる魅力をお届けできましたら幸いです。

新聞に紹介されました 2017年4月26日

2017年4月7日新聞に、山田かまちが漫画家・水木しげる氏へあてた葉書についての記事が掲載されました。

水木氏は「ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で広く知られる漫画家ですが、水木氏のファンであった山田かまちの送った葉書が、水木氏の予定帳の中から見つかったというものです。
予定帳の日付から、この葉書はかまちが11歳の頃に送ったものとみられています。

山田かまちがこの世を去って40年の月日が経とうとしていますが、現在でもこの様な発見があることを大変嬉しく思います。
そして、たくさんの方々に愛され続けるかまちの、また新たな一面を知ることができたような気がいたします。

ギャラリートークを開催しました 2017年3月23日

平成29年3月5日(日)、竹内俊雄先生によるギャラリートークを開催しました。
竹内先生は、山田かまちが小学校3年生の時に担任をされ、その後も交流をつづけられた方です。

かまちが幼少期に描いた、完成された構図の絵画や柔軟な発想に富んだ漫画などの貴重な資料、そして様々なエピソードをもとに、かまちの才能の素晴らしさを話して下さいました。
井上房一郎氏とかまちの出会いや交流の様子等もうかがうことができました。

また、竹内先生ご自身の豊富な専門知識と経験をもとに、ピカソや尾形光琳、ゴーギャンなど様々な芸術家による作品を取り上げながら、芸術についての興味深いお話もしてくださいました。

今回も大変な盛況で、多くのお客様にご来館いただき、誠にありがとうございました。
今後のギャラリートークにつきましても楽しい企画を考えてまいりますので、ぜひよろしくお願いいたします。

平成29年3月5日ギャラリートーク

ギャラリートークを開催しました 2016年12月27日

平成28年12月18日、山田千鶴子さん(山田かまち・母)によるギャラリートークを開催しました。
いつもながらの軽快で楽しいお話を、アットホームな雰囲気の中でお聞かせくださいました。
今回は、山田かまちに関する新たな情報もあり、大変貴重なお話をうかがうことができました。

12月の寒い中、ご多用中にもかかわらず、ご参加くださったお客様に深く感謝申し上げます。

高崎市山田かまち美術館では、今後もギャラリートークを随時開催する予定です。
「広報高崎」や当ホームページにて情報を公開してまいりますので、どうぞお見逃しなく!

「群馬県民の日」記念事業について 2016年11月11日

平成28年10月28日、「群馬県民の日」記念事業の一環として、高崎市山田かまち美術館では無料開放のイベントを行いました。
あいにくのお天気でしたが、大変多くのお客様に足をお運びいただきました。誠にありがとうございました。
一作品一作品じっくりご鑑賞の方や、ご家族で楽しそうに観覧されておられた方々、
そして高崎市美術館や高崎市タワー美術館とあわせて当館へもお立ち寄り下さった方…。
今年の「群馬県民の日」も、たくさんのお客様と出会うことができました。

芸術の秋。気候は寒くなってまいりましたが、今後も当館へのご来館を通じて、多くのお客様にあたたかな気持ちになっていただけたらと思います。

詩文紹介のページができました 2016年10月21日

かまちが書き続けた、詩文の一部をご紹介するためのページができました。

「作品紹介」ページ内の「詩文紹介」をクリックしてお進み下さい。
ページは2ヶ月に一度程度の更新を予定しております。

山田かまちによる、青春の叫びを感じてみて下さい。
詩文紹介

新書『企画展がなくても楽しめるすごい美術館』に掲載されました  2016年8月30日

新書『企画展がなくても楽しめるすごい美術館』(藤田令伊著)に高崎市山田かまち美術館が掲載されました。
著者によって厳選された、常設展などに見応えのある美術館・60館が掲載されており、第3章『訪れた人の心が揺さぶられる美術館』で当館も紹介されています。
当館で販売も行っております。
ご来館の際には、ぜひお手にとってご覧下さい。

(好評につき、当館では完売いたしました。)

かまち直筆のノートを入れ替えました 2016年7月7日

当館では、山田かまちが日々綴っていた直筆のノートを展示しています。
年4回、ノートの展示替えを行っていますが、7月1日に実施しました。
自らを奮い立たせるかのように、かまちがノートへ書き綴った、言葉の数々やデッサン。
これまで教科書や画集など、さまざまな書籍で取り上げられてきましたが、当館では、貴重な実物の資料をご覧いただけます。
(今回は、絵画作品の変更はありません)

歌手 加藤登紀子さんが来館されました 2016年6月7日

5月18日、歌手としてご活躍の加藤登紀子さんが、当館へ来館されました。
6月25日に群馬音楽センターで行われる、コンサートのプロモーションで高崎に来られ、立ち寄って下さいました。
ひとつひとつの作品を丁寧にご覧になり、特に「かまちと音楽」のコーナーでは、かまちがビートルズやクイーンについて書いたノートなどに、じっくり見入っておられました。
音楽を心から愛していたかまち。作品を通してすばらしいミュージシャンの方と交流できたことを、喜んでいるかもしれませんね。

加藤さんの写真1

加藤さんの写真2

新年度が始まりました 2016年4月8日

高崎市山田かまち美術館は、平成24年4月にリニューアルオープンし、今月で2年が経とうとしています。

当館は、高崎市の桜名所のひとつである、観音山の麓にあります。

観音山の上には、高さ41.8メートル(地上約9階に相当)の白衣大観音が建てられていますが、こちらは、当時小学校3年生だったかまちの才能を見出した、井上房一郎氏の父が奉納したものです。

今年も観音山の桜は見事に咲きそろいました。

美しい桜を眺めながら、当館にもぜひお立ち寄りください。

観音山の桜1

観音山の桜2

クロストークを開催しました 2016年3月30日

平成28年3月20日(日)展示室にて、竹内敏雄先生(山田かまち・小学校3年生担任)を講師にお招きし、当館館長とのクロストークを開催しました。

画家としてもご活躍の竹内先生に、かまち作品における色彩や構図、そしてかまちとの思い出などをうかがいました。

昨年度開催の竹内先生のギャラリートークも好評でしたが、今回も幅広い美術の知識から、著名な画家や評論家のお話も引き合いに出されながら、作品を読み解いていただきました。

お客様にも、作品への理解をより一層深めていただけたと感じます。

ギャラリートークの様子

ギャラリートークを開催しました 2015年12月27日

25年12月6日(日)、山田千鶴子さん(山田かまち・母)を講師にお迎えし、ギャラリートークを開催しました。

参加された皆様は、展示室で実際に作品や遺品をご覧になりながら、母の語るかまちの思い出に熱心に耳を傾けていました。

特に、小学校3年生のときに描いた動物画にまつわる話をはじめ、クラスの友人に頼まれてノートや黒板に怪獣を描いていた様子など、子供時代の彼のいきいきとしたエピソードには、皆様、熱心に聞き入っていました。

1時間があっという間に感じられるほどの、とても貴重なお話でした。

トーク写真

作品集の販売を開始しました 2015年11月18日

「高崎市シティプロモーション2015」事業「山田かまち」展の会場で販売された作品集を、当館でも販売開始いたしました。

数多くの絵画作品をはじめ、かまちが書き残したノートや遺品の写真が収められています。

販売価格・税込み1080円(発行・株式会社ラジオ高崎)

ご来館の際には、ぜひお手に取ってご覧ください。 

東京・渋谷ヒカリエにて展覧会「山田かまち」が開催されました  2015年10月15日

「高崎シティプロモーション2015」事業の一環として、展覧会「山田かまち」が渋谷ヒカリエ8階・CUBEにて、2015年9月11日から23日までの期間、開催されました。

流行最先端の街・渋谷のスタイリッシュな空間の中で、絵画作品とともにかまちの残した言葉が紹介されたほか、数々の詩文ノートや遺品も展示され、連日たくさんのお客様のご来場がありました。

じっくりと展示をご覧になる方や、「山田かまちへのメッセージノート」へ言葉やイラストを綴られる方も多く見受けられ、作品と出会う場所は変わっても、かまちの想いがたくさんの方へ届いたことが感じられました。

ヒカリエ風景

ミニポスタープレゼントが好評です。 2015年8月4日

ミニポスター写真

今年の夏もたくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。

本年度の7月が山田かまち生誕55周年ということで、記念のミニポスター・プレゼントを行っておりましたが、好評につき、8月もひきつづき実施しております。

ご希望のお客様はぜひお早めにどうぞ。

夏休み時期となり、県外からのお客様や美術科の宿題作成の中学生の方のお越しも多くなりました。

観覧を通してたくさんの皆様に、かまちの熱い思いに触れていただきたいと思います。

美術館日記がはじまりました!  2015年6月17日 

高崎市山田かまち美術館のホームページが新しくなりました。

こちらに伴いまして、「美術館日記」を開設いたしましたので、どうぞご覧ください。

美術館での日々の出来事や、ご来館くださったお客様との交流などをご紹介してまいりたいと思います。

どうぞお楽しみに!

このページの担当

  • 高崎市山田かまち美術館
  • 電話:027-321-0077
  • ファクス:027-321-0078