作品紹介

無題

「無題」
1976年 水彩・鉛筆・紙

暗闇をさまような人物像は、1976年にノートに書かれた詩を思い起こさせる。「暗い道をたった1人で歩いてゆくように/そこには何もない・・・/(中略)/なにも見えやしない/触れられるのものは/この熱っぽい自分の身体と衣服/それがいったいなに?/わかるのは/ただ心臓の動きと、生きてる微動(後略)」絵の中で乱れ飛ぶ指紋のついた点々は「心臓の動きと、生きてる微動」なのだろうか。

五本の木

「五本の木」
1977年 水彩・紙

人気のない風景の中に静かに立ち並ぶ木々というテーマで、かまちは印象深い作品を何点も残している。ここに描かれた五本の木は、5人家族であった山田家の人々を象徴しているとも言われる。

レノンとヨーコ

「レノンとヨーコ」
1975年 鉛筆・紙

ビートルズの音楽にのめり込んだかまちだが、なかでもジョン・レノンは、彼にとって憧れの対象でありつづけた。この作品は、レノンとオノ・ヨーコ夫人の姿を描いたデッサンであるが、彼はしばしば、この2人が自分にとっての理想のあり方だ、と語っていたという。1976年1月のノートに残されていた「(前略)/レノンの音楽は楽しいんじゃない。/すばらしい。/新しい輝きが/新しい構成がぎりぎりに/光をはなって見つめている。/(後略)」という言葉からも、彼のレノンへの強い思い入れをうかがうことができる。

フェニックス

「フェニックス」
水彩・紙

荒々しい波の上を、翼をいっぱいに広げて飛び立つ不死鳥。鳥はかまちの絵画にたびたび登場するモチーフである。自由に羽ばたくその姿は、かまちにさまざまなインスピレーションを授け、数々の作品が生み出された。波や不死鳥を描く寒色と、背景に使われる暖色の鮮やかな色彩の対比にも注目したい。

※画像の無断転載(二次使用など)は禁止します。

詩文

こちらでかまちの詩文を紹介しています。
詩文紹介

このページの担当

  • 高崎市山田かまち美術館
  • 電話:027-321-0077
  • ファクス:027-321-0078