作品紹介

青い自画像

「青い自画像」
1975年 水彩・紙

かまちの水彩絵具による自画像には独特の表現が見られる。「青い自画像」では身体を覆うように気がゆらめき立ち、若さの持つエネルギーととまどいとを同時に表しているようだ。かまちが幼少時から好んでいた青色が基調となっているところに、自分自身への強い投影も感じられる。

木と月

「木と月」
水彩・紙

空に浮かぶ小さな月、画面下には立ち木のシルエットが見える。静謐な夜の情景である。ひときわ白く輝く月は、画用紙の地色を塗り残して描かれたものである。色彩の濃淡や水彩絵具を効果的に用いた筆致によって、夜空に流れる空気感が表現されている。シンプルな構図でありながら、かまちの書く小説の挿絵であるかのように、物語の一場面を想像させる作品である。

逃げる女

「逃げる女」
水彩・紙

女性の姿がシンボリックにとらえられ、青と緑の色調と傾斜する構図が画面に緊張感を与えている。背景に描かれる風景は、かまちの好きだったSF小説に登場する、近未来をも予感させる。

※画像の無断転載(二次使用など)は禁止します。

詩文

詩文紹介ページでかまちの詩文を紹介しています。
詩文紹介

このページの担当

  • 高崎市山田かまち美術館
  • 電話:027-321-0077
  • ファクス:027-321-0078