小屋裏物置等の取扱いについて

小屋裏物置とは?

  • 小屋裏や床下等の余剰空間を利用して設ける物置等(以下「小屋裏物置等」という。)のことをいい、用途については収納に限定されます。
  • 以下の基準の全てに該当するものについては、階とみなさないこととし、当該部分は床面積に算入しません。

高崎市の小屋裏物置等の基準

平成29年7月1日より、群馬県例規事例集1-a-8の取り扱いとします。

小屋裏物置等を設置する場合の注意点

小屋裏物置として扱えない例

小屋裏物置部分を介して他の空間へ進入する場合、通路としての利用となるため扱えない

小屋裏として扱えない例1

小屋裏物置部分の内法高さを梁下で計画している場合、最も高い部分で1.4m以下としなければならないため扱えない

小屋裏として扱えない例2

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 建築指導課
  • 電話:027-321-1271